ユリ属(ユリ科|ユリ科)
ササユリ
ササユリ
コオニユリ
コオニユリ
オニユリ
オニユリ オニユリ オニユリ オニユリ オニユリ オニユリ オニユリ オニユリ オニユリ オニユリ オニユリ
カノコユリ
カノコユリカノコユリ
ノヒメユリ
ノヒメユリノヒメユリ
タカサゴユリ
タカサゴユリ タカサゴユリ タカサゴユリ タカサゴユリ タカサゴユリ タカサゴユリ

タカサゴユリ タカサゴユリ
花後
タカサゴユリ タカサゴユリ タカサゴユリ タカサゴユリ
果実
タカサゴユリ タカサゴユリ タカサゴユリ タカサゴユリ
果実。縦に3つに裂けるが、側面は筋が残っていて、種子の出口は上しかない。

タカサゴユリ タカサゴユリ地下部。茎の基部に養分を貯えて厚みのある鱗片葉が重なり合ってつく。
タカサゴユリ

タカサゴユリタカサゴユリタカサゴユリタカサゴユリ
芽生え。子葉が伸びて、種子を持ち上げる。子葉鞘(子葉の基部の、ふくらんだ部分)を突き破って普通葉が出て来る。
ユリ属の園芸品
ユリ属の1種ユリ属の1種ユリ属の1種ユリ属の1種 ユリ属の1種ユリ属の1種

ユリ属の1種ユリ属の1種ユリ属の1種ユリ属の1種
葯の裂開過程。葯の両縁に下の方から縦の裂け目ができ、上の方へと広がっていく。両縁が先端まで裂けると、裂け目が広がって花粉がある葯の内部が露出する。花糸は先端部だけで葯とつながるようになり、葯はかすかな力でぐらぐらと揺れ動くようになる。

ウバユリ(ウバユリ属)
ウバユリウバユリウバユリウバユリ

ウバユリ種子

ウバユリウバユリウバユリ
果実の裂け目は多数の筋でカバーされていて、種子の出口は果実の上端にしかない。茎が傾くような、あるいは、種子が捲き上げられるような強い風のときにだけ、種子が出てきて、風に乗る。
ウバユリ
茎を手で揺らして撮った写真

ウバユリ
種子を出した後も、冬の風に揺れている。
テキスト目次に戻る
ホームに戻る