ヤツデ・カミヤツデ(ウコギ科)
ヤツデ
ヤツデ濃い緑の葉から突き出した花序は、軸も花も白く、シイ林の陰で浮かび上がって見える。花序は、多数の球形の小花序でできている。

ヤツデ
たわわについた果実の重みで垂れ下がった果序。

花序・花の雄性先熟性
ヤツデ ヤツデ ヤツデ
ヤツデ雄性期の花序と花

ヤツデ ヤツデヤツデヤツデヤツデ
雄性期が終わり、花びらが落ちると無性期になり、蜜の分泌も止まる。柱頭が伸びると雌性期になり、再び花盤に蜜がしみ出る。柱頭が茶色になり、蜜も出なくなると雌性期も終わる。

ヤツデ3群の花柱を持つ奇形花

ヤツデヤツデ
2個体における雄性期の花序と雌性期の花序の数の変化

カミヤツデ
カミヤツデカミヤツデカミヤツデカミヤツデカミヤツデカミヤツデ
カミヤツデつぼみのときに内向きに折りたたまれていた雄しべは、花びらが開くとともに右横に倒れて、折りたたみが取れて葯が上になり、再び立ち上がる。

カミヤツデカミヤツデカミヤツデカミヤツデカミヤツデ

カミヤツデ降雪や霜が数日続くと、葉や花序はしおれてしまう


テキスト目次に戻る
ホームに戻る