ヤブランなど(ユリ科|キジカクシ科トックリラン亜科)
ナルコユリ
ナルコユリ ナルコユリ ナルコユリ ナルコユリ ナルコユリ ナルコユリ ナルコユリ ナルコユリ
アマドコロ
アマドコロアマドコロアマドコロ
ヒメイズイ
ヒメイズイ
ユキザサ
ユキザサユキザサ
マイヅルソウ
マイヅルソウ落葉樹林や寒地性針葉樹林のやや暗いところに群生
マイヅルソウ花は二数性
マイヅルソウ
スズラン
スズラン
ヤブラン
ヤブラン
ヤブラン花が終わると果皮が取れて種子が露出する。

ヤブラン ヤブラン
ヒメヤブラン
ヒメヤブランヒメヤブランヒメヤブラン
ナガバジャノヒゲ
ナガバジャノヒゲ
ノシラン
ノシランノシランノシラン
キチジョウソウ
キチジョウソウ
キチジョウソウ匍匐枝から根を出して密生する
キチジョウソウ
キチジョウソウ キチジョウソウ
花序の上部には少数の雄花がつく。
キチジョウソウ キチジョウソウ

キチジョウソウ
翌年の開花期につぼみと同色の果実が見られた

キチジョウソウ キチジョウソウ
オモト
オモト オモト
野生個体は花茎の柄が長い傾向がある

オモト
栽培品の果期
ハラン
ハラン ハラン ハラン ハラン ハラン ハラン ハラン
ナギイカダ
ナギイカダ ナギイカダ ナギイカダ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る