ヤブガラシ(ブドウ科)
ヤブガラシ
花序と花
ヤブガラシ

ヤブガラシ

ヤブガラシの花ヤブガラシの花は、咲きはじめは花柱が短く(左の写真)、やがて花柱が伸びて(下の写真右上の花)、雄しべと緑色の花被片が脱落する(下の写真中央下の花)。その後、オレンジ色の花盤がピンク色に変わり(下の写真左の花)、花期を終える。花の底が平たくなっていて(花盤[floral disc])、花盤から滲みだした蜜が水滴のように見える。
ヤブガラシの花

ヤブガラシヤブガラシ
花盤(SEM画像)。気孔と同じ構造の開口部が散在していて、ここから蜜が分泌される。

ヤブガラシヤブガラシ
簡易紫外線写真。ほぼ全体が紫外線を吸収する。

訪花昆虫
ヤブガラシヤブガラシ・セグロアシナガバチヤブガラシ・ツマグロキンバエ
蜜を舐めに来ているヒメスズメバチ・セグロアシナガバチ・ツマグロキンバエ

ヤブガラシ・アミメアリ
アミメアリが蜜に集まっている。葯や柱頭に全く触らないから、送粉に寄与しているとは考えにくい。

ヤブガラシ・マメコガネヤブガラシ・マメコガネ
マメコガネも多いが、交尾や花そのものを食べていることが多い。

葉と茎
ヤブガラシ
地中を地下茎が横に伸び、複数の茎を出す

ヤブガラシ ヤブガラシ
晩春~初夏、他の草に遅れて勢いよく芽が伸び始める。数十㎝まっすぐ上へ伸びてから盛んに分岐して葉を広げる

ヤブガラシヤブガラシ
ヤブガラシ
葉は鳥足状複葉で小葉は鋸歯縁

ヤブガラシ目立たない托葉がある

ヤブガラシ
巻きヒゲでフェンスやほかの植物に絡みつくツル植物

ヤブガラシ
主軸の先は1回分岐する細い巻きヒゲになる。主軸についた葉の腋芽がふつうの茎となり伸び続ける

ヤブガラシ巻きヒゲは宙を突いて振れながら伸び、先が何かに触れると巻きつく。
ヤブガラシ
ヤブガラシヤブガラシ
先端が巻きついてから途中がよじれてらせんになり、茎を引き寄せる。らせんの向きは、途中で1・2回逆転する(矢印)。
ヤブガラシヤブガラシツルや巻きヒゲの向きは、基部を下、先端を上に見たとき手前に来る方が左上がりのとき「S巻き」、右上がりのとき「Z巻き」と読んで区別することがある。

果実
ヤブガラシヤブガラシヤブガラシヤブガラシ

結実するヤブガラシは西日本を中心に分布する二倍体で、より広い範囲にふつうに見られる三倍体は結実しないことが岡田ら(2003)によって明らかになった。

ヤブガラシヤブガラシヤブガラシ
結実するヤブガラシの葉と花。5小葉の葉に、4小葉・3小葉の葉が混じる。

ヤブガラシ
結実個体の花(右上)は非結実個体の花(左下)より一回り小さい

ヤブガラシヤブガラシ
結実個体の花粉と非結実個体の花粉
テキスト目次に戻る
ホームに戻る