ウルシ科
ハゼノキ
ハゼノキ
ハゼノキ秋の紅葉(上)はあざやかで、早く染まり遅くまで残る。春の新葉(左・下)も赤い
ハゼノキ
ハゼノキ ハゼノキ
ハゼノキ ハゼノキ
種子散布
ハゼノキ
種子を含んだ鳥のペリット
ヤマハゼ
ヤマハゼ ヤマハゼ
ヌルデ
ヌルデ ヌルデ ヌルデ ヌルデ ヌルデ
ヌルデ ヌルデ ヌルデ
ヤマウルシ
ヤマウルシ ヤマウルシ
ツタウルシ
ツタウルシ ツタウルシ ツタウルシ
マンゴー
マンゴー マンゴー
両性花(葯が藍色の雄しべ1+雌しべ1)と雄花(葯がえんじ色の雄しべ1)が混じる。

マンゴー腐肉を好むハエ類によって送粉される。温室内には、ハエを呼ぶために、魚のアラが置いてあった。
ケムリノキ
ケムリノキ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る