ツユクサ(ツユクサ科)
ツユクサ
ツユクサ
くもりの日は、花びらの澄み切った青色が印象的。

ツユクサ
円を折り畳んだような苞葉の中に花序があって、花は開花時に苞葉から突き出る。

ツユクサ3枚の花びらのうち、下の1枚は白くて小さい。

ツユクサツユクサ
簡易紫外線写真

ツユクサ
色変わり品

ツユクサツユクサ
花柱が最も前方に突き出る両性花と、花柱が短く花の中心に隠れる雄花とがある。雄花の雌しべは子房も小さく、また、雌しべ全体が欠けているように見えるものもある。
雄しべはともに6本。上の3本の葯は明るい黄色だが、ほんのわずかしか花粉を出さない。下の2本(花柱に寄り添うように伸びている)の葯は地味な色だが花粉が詰まっている。中央の1本は、色・花粉量とも中間的。

ツユクサ花は、夏の咲きはじめには午前中に、秋になっても昼過ぎには咲き終わる。花びら状の内花被片がしぼみ始め、花糸と花柱はゼンマイのように巻いて、葯と柱頭は花の中心へと引き込まれる。
ツユクサ雄しべ・雌しべ・縮んだ内花被片は外花被片に収納される。
ツユクサ

ツユクサツユクサ
苞葉をめくり返して花序を露出させたところ。花序は2本の枝からなる。奥(茎に近い方)の枝が花序の主軸で苞葉をつけている。手前(茎から離れている方)の枝は苞葉の腋につく側枝にあたる。主軸は直立して先端に0~1個の花をつけ、側枝は斜め上~横に伸びて2~4個の花をつける。上の例では主軸の先端の花(1)は最初から退化している。側枝には3つの花がつき、2→3→4の順に咲く。
花2は咲き終わって子房がふくらんでいる両性花。花3は開花中の雄花。花4はつぼみ。数字の順に花の性型を並べると「× | 両→雄→?」となる。
つぼみのとき(4)は花柄が曲がっていて、つぼみは苞葉の中脈に頭をつけるようにしている。開花時(3)には花柄が伸びて少し反り返り、花が苞葉の外に出る。花がしぼむと(2)、花柄の反り返りが強まって、つぼみのときとは逆の方に曲がり、再び苞葉の中にしまい込まれる。

ツユクサ開花前の花序。上と同様に表わすと「× | ?→?→?」

ツユクサ
主軸に花がつく花序もある。「? | 両→?→?」

ツユクサツユクサ
「? | 両→?→?→?」

ツユクサ「両 | 両→両」

ツユクサ主軸の先端に雄花が咲いている。「雄 | ?→?→?」

ツユクサ主軸の花と側軸の最初の花が同時に咲いて、1つの苞葉で2つの花が見られることもある。
ツユクサ
「雄 | 両→?→?」

ツユクサ
緑色が褪せ始めた苞を開くと果実ができている。果柄が180°曲がっていて果実の先は苞のつけねの方を向く。

ツユクサ
熟した果実は蝶番のように先端から開く

ツユクサ
2つの室に種子が2個ずつ入っている。この果実では、4つの種子のうち1つは不稔(成長を途中で止めている)。

ツユクサの花に関しては、すぐれた観察記録や解説をネット上で読むことができる。

ツユクサ
ツユクサツユクサ葉身は流線形で、基部はさや(葉鞘)となって茎を取り巻く

ツユクサ ツユクサ
地面に近い節から、さかんに不定根を伸ばす

ツユクサ ツユクサ
日陰の葉と日向の葉(夏の晴天時)
葉の細胞
ツユクサ柵状組織の細胞

ツユクサ海綿状組織の細胞

ツユクサ
表皮細胞は結晶群を含む

ツユクサツユクサツユクサ
芽生え
ツユクサ ツユクサ
オニツユクサ

海岸に多い、葉裏に短毛が密生し花弁の色が青い型

オニツユクサ オニツユクサ オニツユクサ オニツユクサ オニツユクサ オニツユクサ
マルバツユクサ
マルバツユクサ マルバツユクサ
マルバツユクサ
下は両性花、上は雄花。

マルバツユクサ
両性花

マルバツユクサ
雄花

マルバツユクサ マルバツユクサ
マルバツユクサ日陰の葉と日向の葉(夏の晴天時)。葉身は楕円形で、縁は波打つ。

マルバツユクサ根際から地中に茎が伸び、先端に閉鎖花をつける。
カロライナツユクサ

下のページを参考にしました。また、ページを作成した中村さまに御教示いただきました。

カロライナツユクサカロライナツユクサカロライナツユクサカロライナツユクサカロライナツユクサ カロライナツユクサ カロライナツユクサ カロライナツユクサ カロライナツユクサ カロライナツユクサ
イボクサ(イボクサ属)
イボクサ
水田わきで横に広がって生えていた。

イボクサ
ツユクサ属・ムラサキツユクサ属と違い、花序が苞葉に覆われることはない。

イボクサ
6本の雄しべのうち3本は花粉を出さない仮雄しべ(ツユクサ属とよく似た特徴)。雄しべの付け根近くには細胞1列の毛が密生している(ムラサキツユクサ属と共通の特徴)。
テキスト目次に戻る
ホームに戻る