ツタ(ナツヅタ)(ブドウ科)
ツタ ツタ ツタ
花と果実
ツタツタツタツタツタ
つぼみのときは、雄しべは花被片に包まれている。花被片が開くと同時に、雄しべが花被片から出てくる。

ツタ

シュート・吸盤
ツタ ツタ ツタ ツタ ツタ ツタ
ツタの若いシュート。ヤブガラシで巻ひげがつく位置と同じところに吸盤を持つシュートをつける。

ツタツタ
平滑面にも付着する(飲料自販機の側面)

ツタ付着してしばらく経つと干からびて嚢褐色になるが、付着力は変わらない

ツタ
シュートが消えた後も吸盤だけは足跡のように残る

ツタ ツタ ツタ ツタ ツタ
付着前の吸盤の付着面は、柵状の分泌細胞群が中央にあり、周りを突起群が取り囲んでいる。分泌領域には大小の孔が開いている。スケールは100μm。

ツタ ツタ
クスノキ樹皮に付着した吸盤の縦断面。樹皮表面の凹凸を吸盤の組織が埋めている。

ツタ
剥がした吸盤の付着面には、樹皮の表面のもようが写し取られている。
気根
ツタ先端から離れたところでは茎から気根が出て樹幹に食い込む

テキスト目次に戻る
ホームに戻る