トウカエデ(カエデ科|ムクロジ科)
樹形
トウカエデ新緑・開花のころ

トウカエデトウカエデトウカエデ
雌花
トウカエデトウカエデトウカエデトウカエデトウカエデ

雄花
トウカエデトウカエデ

トウカエデ・コハナバチ
コハナバチの仲間
雌性先熟型
トウカエデ
トウカエデ雌性期 (2009/04/10)
トウカエデ雄性期 (2009/04/22)
トウカエデ雄性期も終わり間近 (2009/04/29)
トウカエデ果実 (2009/05/07)

雄性先熟型
トウカエデ雄性期 (2009/04/10)
トウカエデ雌性期 (2009/04/22)
トウカエデ雄性期 (2009/04/29)
トウカエデ果実 (2009/05/07)

雌性先熟型と雄性先熟型(比較)
トウカエデ
雄性先熟型(左)と雌性先熟型(右)の果序(雌性期 (2009/05/07)。5月はじめは、雌性先熟型の果実の方が1.5~2倍大きい。果序の枝ぶりでは、雄性先熟型は「散形花序」っぽく、雌性先熟型は「散房花序」っぽい(花のときはどちらも集散花序)。

果実
トウカエデトウカエデ
トウカエデ(カエデ科)の果実。熟すると果実は2つに分かれて(つまり、分果には羽根が1つずつ付いている)落下する。

トウカエデ
木の下の日陰で幼植物が密生していた
クスノハカエデ

トウカエデに近縁な常緑性のカエデ

クスノハカエデクスノハカエデクスノハカエデクスノハカエデクスノハカエデ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る