ソテツ
ソテツ(長崎県平戸)

雄株と花粉錐
ソテツソテツの雄株。葉に囲まれて、小胞子葉をびっしりとつけた長い花粉錐がつく。

ソテツソテツ
小胞子葉の裏側には魚の卵のようなぶつぶつがあり、その中に花粉が入っている。

ソテツソテツ
取り出した1枚の小胞子葉と簡易紫外線写真。

ソテツ小胞子葉裏面の拡大。小胞子嚢は3・4個ずつかたまってつき、開いて小胞子を出す。

雌株と種子錐
ソテツ
ソテツの雌株。クリーム色の大胞子葉の集まり(種子錐)がつく。

ソテツ大胞子錐を上から覗きこむと、奥の方に緑色の玉(胚珠)が見える

ソテツソテツ
大胞子葉

ソテツ
胚珠の先端に受粉滴が見える

ソテツ胚珠の断面

ソテツ受粉が終わると、大胞子葉どうしが密着しあい、胚珠は外から遮断される

ソテツ
胚珠の先端部に入り込んだ花粉は花粉管を伸ばす一方(左)、精子(右)を放出する。

ソテツ 種子をつけた雌株。

ソテツソテツ
外側の赤く軟らかな層を削り落とすと、硬い殻がある。

ソテツ殻を割ると、薄い「渋皮」に包まれた配偶体がある。

ソテツソテツソテツ
新葉
ソテツ
サンゴ根
ソテツ・サンゴ根ソテツ・サンゴ根ソテツ・サンゴ根ソテツ・サンゴ根ソテツ・サンゴ根

ソテツでは、地表付近の根が「サンゴ根」と呼ばれる特徴的な形、そして鈍い翡翠(ひすい)色を示す。断面を見ると、表面の少し内側に緑色の帯がある。緑色の部分では、細胞の中に球形のシアノバクテリアが詰まっているのが分かる。

ザミア属の1種
Zamia furfuraceaZamia furfuracea
Zamia furfuracea
ソテツ@西表庵・研究紹介 (高相徳志郎氏・木本行俊氏)
The Cycad Pages (Dr. K. Hill; Royal Botanic Gardens Sydney)

テキスト目次に戻る
ホームに戻る