セイタカアワダチソウ(キク科)
セイタカアワダチソウ(Solidago altissima)に関する情報 (環境省)
セイタカアワダチソウセイタカアワダチソウセイタカアワダチソウセイタカアワダチソウ セイタカアワダチソウ セイタカアワダチソウ セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ過湿な条件にもよく耐える

セイタカアワダチソウ越冬期の根出葉

セイタカアワダチソウ
暖地では、低い茎の葉は冬も枯れずに光合成を続ける

セイタカアワダチソウ セイタカアワダチソウ セイタカアワダチソウ
伸び盛りの群落(6月)

セイタカアワダチソウセイタカアワダチソウセイタカアワダチソウ
地下茎が横に拡がり、年々茎の数を増やしていく

セイタカアワダチソウと近縁種は北半球の各地に侵入している。根から分泌されるアレロパシー物質によって他種の種子の発芽を阻害することが知られている(e.g. Abhilasha & al. 2008)。

原産地の米国では、セイタカアワダチソウ (Solidago altissima)は4倍体または6倍体の亜種(subsp. altissima)と2倍体の亜種(subsp. gilvocanescens)に分類される。4倍体または6倍体の方が頭花が大きい点で区別されるが、はっきりしないことも多いという(Semple & Cook 2006)。両亜種の分布はずれているが大きく重なり合い、そこでは両者の混生集団が見られる(Halverson & al. 2008)。


目次に戻る
ホームに戻る