マムシグサとサトイモ科の肉穂花序
サトイモ科のほとんどでは、やや太い棒のような軸の表面に、花柄なしで花がびっしりと敷き詰められるようにつく。このような花序を肉穂花序[spadix]という(→マムシグサとサトイモ科の肉穂花序)。
オランダカイウ(カラー)
オランダカイウぬかるんだ場所で野生化している。肉穂花序は、下部に雌花群、上部に雄花群がつく。

雌性期
オランダカイウ咲き始めは雌性期。総苞は緩んでいて、花序の下部にある雌花群は露出している。
オランダカイウオランダカイウ
雄性期
オランダカイウ雄性期になると、花序の中部~上部の雄花群から白い花粉が出る。総苞の基部が巻きついて、雌花群を隠す。
オランダカイウ
テンナンショウ属
ナンゴクウラシマソウ
ナンゴクウラシマソウ ナンゴクウラシマソウ花ナンゴクウラシマソウ花ナンゴクウラシマソウ花

ウラシマソウ
ウラシマソウ

ヒメウラシマソウ
ヒメウラシマソウ

ムサシアブミ
ムサシアブミムサシアブミムサシアブミムサシアブミ

クワズイモ
クワズイモ クワズイモ
クワズイモ クワズイモ

コンニャク
コンニャク コンニャク
ミズバショウ
ミズバショウ
純白の仏炎苞と緑色の肉穂花序の組み合わせ。

ミズバショウ
両性花で、雌しべを上下からはさむように2本の雄しべがある。下側の雄しべしか見えない花もある(上の雄しべは下の雄しべより遅れて伸び出して来るという[ミズバショウ@石川の植物(本多郁夫氏)]。

ミズバショウ肉穂花序にハエが止まって葯をなめている

ザゼンソウ
ザゼンソウザゼンソウ

ボタンウキクサ
ボタンウキクサ
浮水植物で、ロゼット上に拡がった葉の付け根に小さな花序がつく。花序は、カラスビシャクの花序と同じ構造だが極限まで単純化していて、上に1個の雄花、下に1個の雌花がつく。

ボタンウキクサ
「ウォーターレタス」と呼ばれ栽培されることもあるが、各地で野生化している。盛んに栄養繁殖し、水面を覆いつくす。


テキスト目次に戻る
ホームに戻る