サボテン科
ウチワサボテンの1種
ウチワサボテン

サボテンは2種類の役割が異なるシュートを持っている。片方は光合成のためのシュートで、茎が太くなったり平たくなって光合成を担い、葉は小さくて早めに脱落する。もう片方は食害防御のためのシュートで、茎は短くて毛に覆われ、葉は鋭いトゲになる。

ウチワサボテン

成長途中の光合成用のシュート。爪先のような葉がついていて、葉のすぐ上には、防御用のシュートの芽がある。

ウチワサボテン
防御用のシュートは茎がほとんど伸びず、葉はトゲになる。トゲのうち1本が特に大きくなる。
ウチワサボテン
光合成用のシュートの成長初期。

ウチワサボテンウチワサボテン

ウチワサボテン地面に落ちた茎の断片から不定根とシュートを出して栄養繁殖する
ハシラサボテンの1種
ハシラサボテン ハシラサボテン
キンシャチ(金鯱)
キンシャチキンシャチキンシャチキンシャチ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る