裸子植物
裸子植物の胞子葉の集まりは"cone"といい、ここでは「錐」と直訳している。錐には雌雄があるので、小胞子葉が集まった錐を花粉錐[pollen cone]/雄錐[male cone]/小胞子錐と呼び、大胞子葉が集まった錐を種子錐[seed cone]/雌錐[female cone]/大胞子錐と呼ぶ。
"cone"を「球果」と訳す方が一般的で、また、送受粉時の"cone"だけ「球花」と区別することもある。さらに、花粉錐を「雄花」、種子錐を「雌花」と呼ぶこともある。
モミ
モミ・ツガ林
尾根上のモミ・ツガ林

モミ モミ モミ モミ

モミモミ
コケのマットや倒木の上で幼植物が発芽・生育する。幼樹のときは、葉の先が二叉の鋭いトゲになっている。
オオシラビソ
オオシラビソ オオシラビソ
ツガ
ツガ ツガ
ツガ根こそぎ倒れた木
ハリモミ
ハリモミ ハリモミ ハリモミ
ビャクシン
ビャクシン ビャクシン ビャクシン
アスナロ
アスナロ アスナロ アスナロ アスナロ
クロベ
クロベ クロベ
火山の尾根上に点々と生えていた
クロベ
カイヅカイブキ
カイヅカイブキカイヅカイブキカイヅカイブキ
樹形

カイヅカイブキカイヅカイブキカイヅカイブキ
鱗形の微小な葉が十字対生して茎に密着する

カイヅカイブキカイヅカイブキ
ストレスを受けた部位では、形の違うシュートがつくことがある。葉が長く伸びて尖り、茎から開出して、スギのシュートに似ている。

ネズ(ネズミサシ)
ネズネズ
イヌガヤ
イヌガヤイヌガヤ
ハイイヌガヤ
ハイイヌガヤハイイヌガヤ
ナギ
ナギ
ナギナギは、イヌマキと胚珠の部分はよく似ているが、複数の大胞子葉が枝先につくことがある。
ナギナギ
花粉錐
イチイ
イチイ イチイ
イチイ種子は、付け根の組織が広がってできた赤くて甘い種衣に包まれる。
カヤ
カヤカヤカヤカヤ
コウヤマキ
コウヤマキ
カウリマツ
カウリマツ
ナンヨウスギの1種
ナンヨウスギの1種ナンヨウスギの1種
メタセコイア
メタセコイア
マオウ
マオウ マオウ
グネツム
グネツム熱帯産のつるになる木で、葉(左)だけだと被子植物そっくり。右側は、細長い花粉錐がついた枝。


テキスト目次に戻る
ホームに戻る