ノギク(キク科シオン属[広義]・キク属)
海岸のノギクは別ページ。

シオン属は、以前はシオン属・ヤマジノギク属・ヨメナ属・ミヤマヨメナ属に分けられていた。

日本産の種の特徴
舌状花 冠毛 葉形
シオン属
(広義)
シオン属(狭義) 白~紫 長い さまざま
ハマベノギク属 淡紫 筒状花: 長い
舌状花: ごく短い
へら形
ヨメナ属 ごく短い 細長い卵形
+短い葉柄
ミヤマヨメナ属 白・淡紫 卵形
+やや長い葉柄
キク属 白・黄 長い いわゆる「菊葉」
ヤマジノギク(シオン属またはハマベノギク属)
ヤマジノギク
山上のススキ草地に、ノヤナギ・リンドウ・ウメバチソウと混じって咲く。

ヤマジノギクヤマジノギクヤマジノギク
筒状花の冠毛は赤味がかって長いが、舌状花の冠毛は白くて短い。
ヨメナ(シオン属またはヨメナ属)
ヨメナ ヨメナ
ヨメナ
冠毛はごく短い

ヨメナ
ノコンギク(シオン属またはシオン属[狭義])
ノコンギク
ヨメナ(左)とノコンギク(中・右)の花

ノコンギク ノコンギク ノコンギク ノコンギク ノコンギク
咲き終わった頭花。わら色の長い冠毛が見える。

ノコンギク ノコンギク ノコンギク ノコンギク
紫外線フィルターを通した写真。舌状花と筒状花は、可視光線では薄紫と黄で対照的だが、近紫外線はともに良く吸収する。
センボンギク

河畔の岩上に生えるノコンギクの渓流型

センボンギク センボンギク センボンギク センボンギク
シロヨメナ(シオン属またはシオン属[狭義])
シロヨメナ シロヨメナ
ナガバシロヨメナ(シオン属またはシオン属[狭義])

渓流沿いの崖につくシロヨメナの渓流型

ナガバシロヨメナ ナガバシロヨメナ
ヒメシオン(シオン属またはシオン属[狭義])
ヒメシオンヒメシオンヒメシオンヒメシオンヒメシオンヒメシオンヒメシオンヒメシオンヒメシオン
シオン(シオン属またはシオン属[狭義])
シオン シオン シオン
シラヤマギク(シオン属またはシオン属[狭義])
シラヤマギク
ゴマナ(シオン属またはシオン属[狭義])
ゴマナ
シマカンギク(キク属)
海岸のノギク
テキスト目次に戻る
ホームに戻る