春の白花ナデシコ科
ハコベ(コハコベ)
コハコベコハコベコハコベコハコベ
ハコベ(ミドリハコベ)
ミドリハコベミドリハコベミドリハコベ
ウシハコベ
ウシハコベ ウシハコベ ウシハコベ
ミヤマハコベ
ミヤマハコベミヤマハコベミヤマハコベ
サワハコベ
サワハコベ サワハコベ サワハコベ サワハコベ サワハコベ サワハコベ サワハコベ
ノミノフスマ
ノミノフスマノミノフスマノミノフスマノミノフスマ
ノミノツヅリ
ノミノツヅリ ノミノツヅリ ノミノツヅリ ノミノツヅリ ノミノツヅリ
萼片に腺毛がある
ハマツメクサ(砂浜)
ハマツメクサハマツメクサ
ハマツメクサ(住宅地)
ハマツメクサハマツメクサハマツメクサハマツメクサ

ハマツメクサハマツメクサ
ツメクサ
ツメクサ ツメクサ

ツメクサ・ハマツメクサツメクサ・ハマツメクサ

同じ庭で、日陰の真砂土にツメクサ(左)、日向の畑や敷石の隙間にハマツメクサ(右)が生えていた。近畿地方では、博物館等に保管されている過去の押し葉標本の調査と市民対象のアンケートによって、ハマツメクサが海岸から内陸へと分布を拡大した過程が明らかにされている。

イトツメクサ
イトツメクサイトツメクサイトツメクサイトツメクサイトツメクサイトツメクサ イトツメクサ
歩道の敷石の隙間でハマツメクサ(緑色)と隣り合う
オランダミミナグサ
オランダミミナグサオランダミミナグサオランダミミナグサ
冬季は地表に広がる
オランダミミナグサオランダミミナグサオランダミミナグサ
ミミナグサ
ミミナグサミミナグサミミナグサミミナグサミミナグサ
ノハラツメクサ
ノハラツメクサノハラツメクサノハラツメクサ
ワチガイソウ
ワチガイソウ
ヒゲネワチガイソウ
ヒゲネワチガイソウヒゲネワチガイソウヒゲネワチガイソウ
ワダソウ
ワダソウワダソウワダソウ
オオヤマフスマ
オオヤマフスマオオヤマフスマ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る