マメ科ソラマメ亜科
フジとマメ科の蝶形花 | カラスノエンドウと類似種 | ゲンゲ(レンゲソウ) | ヤブツルアズキ・ツルマメ・ヤブマメ・ノアズキ | エンドウ・ソラマメ | クズ
イタチハギ
イタチハギイタチハギ
クララ
クララクララクララクララ
イソフジ
イソフジイソフジイソフジ イソフジ
シナガワハギ
シナガワハギ シナガワハギ シナガワハギ シナガワハギ シナガワハギ
コシナガワハギ
コシナガワハギ コシナガワハギコシナガワハギ
コマツナギ
コマツナギコマツナギコマツナギコマツナギ
コマツナギ(法面吹き付け用)
コマツナギ(法面吹き付け)中国産の種子が使われており、在来のコマツナギより樹幹が伸び、高くなって上で枝分かれする傾向がある
コマツナギ(法面吹き付け)
ナツフジ
ナツフジ ナツフジ ナツフジ
エンジュ
エンジュエンジュ
シマエンジュ
シマエンジュシマエンジュシマエンジュシマエンジュ
ハリエンジュ(ニセアカシア)
ハリエンジュハリエンジュハリエンジュハリエンジュハリエンジュ

ハリエンジュハリエンジュ

ハリエンジュハリエンジュ
アメリカデイゴ
アメリカデイゴ
アメリカデイゴ
南米原産
アメリカデイゴ

アメリカデイゴ
つぼみはやや淡い朱色だが、開くと鮮やかな朱色の旗弁内面・竜骨弁が現われる。ふつうのマメ科の花とは上下がさかさまで、大きく拡がった花びらが下に、雄しべ・雌しべを包む花びらが上になる。

アメリカデイゴ
ふつうのマメ科では、4枚の花びらが雄しべ・雌しべを二重に包み込むが、アメリカデイゴでは、外側の2枚は退化して小さな鱗のようになり、内側の2枚は融合して丈夫なさやになっている。さやの中、雄しべと雌しべの付け根には、蜜が溜まっている。

アメリカデイゴ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る