クロウメモドキ科
ナツメ
ネコノチチ
ネコノチチネコノチチネコノチチネコノチチ

オオクマヤナギ
オオクマヤナギオオクマヤナギオオクマヤナギオオクマヤナギ
イソノキ
イソノキイソノキ
当年枝が枝分かれしている

キビノクロウメモドキ
キビノクロウメモドキ
キビノクロウメモドキ花は短枝の葉腋につく。長枝はコクサギ型葉序。
リュウキュウクロウメモドキ
リュウキュウクロウメモドキ
リュウキュウクロウメモドキリュウキュウクロウメモドキ
リュウキュウクロウメモドキリュウキュウクロウメモドキ
シーボルトノキ
シーボルトノキ
ハマナツメ
ハマナツメ河口近くの湿地に生育する。下の写真は、上の写真の中央あたりを道路側から撮影したもの。左側の白緑色のやぶはハマボウ、右の黄緑色のやぶがハマナツメ。

ハマナツメ
五数性で黄緑色の小さな花が、すり鉢を伏せたような形の果実になる。

ハマナツメ

ハマナツメ
中央部に3つの部屋があり、種子が入っている。それ以外は、スポンジ質の軽い組織でできている。右は若い緑色の果実、下は熟して乾燥したわら色の果実。

ハマナツメ

ハマナツメ生育地には、南谷忠志さん(前宮崎県総合博物館副館長)に御案内いただきました(2002.9)

テキスト目次に戻る
ホームに戻る