クロマツ
裸子植物の胞子葉の集まりは"cone"といい、ここでは「錐」と直訳している。錐には雌雄があるので、小胞子葉が集まった錐を花粉錐[pollen cone]/雄錐[male cone]/小胞子錐と呼び、大胞子葉が集まった錐を種子錐[seed cone]/雌錐[female cone]/大胞子錐と呼ぶ。
"cone"を「球果」と訳す方が一般的で、また、送受粉時の"cone"だけ「球花」と区別することもある。さらに、花粉錐を「雄花」、種子錐を「雌花」と呼ぶこともある。
送粉期
クロマツ雌生殖器官(種子錐)は長くのびたシュートの先端に、雄生殖器官(花粉錐)は短いシュートの基部につく

クロマツクロマツ
種子錐・花粉錐とも鱗片がらせん状につく。

クロマツ種子錐の鱗片は2枚重ねで、陰に胚珠がつく。

クロマツクロマツクロマツクロマツクロマツ
花粉には、2つの空気袋(気嚢)がついている。
種子錐(球果)
受粉半年後
クロマツ
受粉した年の夏の種子錐(球果)。鱗片は固く閉じている。
受粉1年後
クロマツ
受粉翌年の春

クロマツ
受粉翌年の夏

クロマツ
鱗片を剥がすと、羽根のある種子が2つ並んでいる
受粉1年半後
クロマツ クロマツ
受粉翌年の11月半ば。種子錐の鱗片は緑色から褐色に変わり始め、一部が開く

クロマツ
鱗片が開くと種子が露出する。濃褐色の羽根が鱗片から剥げかけている。

クロマツ
種子

クロマツ
12月中旬。種子錐の鱗片は明るい褐色。

クロマツクロマツ
種子は残り少なくなり、落下した種子錐もある。古い種子錐との色の違いは一目瞭然。
受粉2年後
クロマツ
受粉から丸2年後。種子はほとんど残っていない。

クロマツ
雨で濡れると、鱗片はぴったりと閉じ、乾燥すると再び開く

クロマツ枝先の胚珠錐の下に昨年開花の種子錐、さらに下に一昨年開花の種子錐(種子散布後)が残る

クロマツクロマツクロマツ
鱗片は8列と5列のらせんを描く。
枝と葉
クロマツ
2枚の針葉が対生する短い枝(短枝)が枝にびっしりとつく。

クロマツ葉の横断面

クロマツ1細胞層の表皮の下に2細胞層の下皮があり、その内側の葉肉に樹脂道(細い繊維細胞で取り囲まれている)が散在する

クロマツ維管束。上半が木部、下半が篩部。右下は内皮。

テキスト目次に戻る
ホームに戻る