クラマゴケ・イワヒバなど
イワヒバ
イワヒバ イワヒバ イワヒバ イワヒバ
カタヒバ
カタヒバ
コンテリクラマゴケ
コンテリクラマゴケ
コンテリクラマゴケ群生して半日陰の崖を青緑に染める
コンテリクラマゴケ担根体
コンテリクラマゴケ胞子嚢穂
コンテリクラマゴケ
クラマゴケ
クラマゴケ クラマゴケ
オニクラマゴケ
オニクラマゴケ
植物を支えている細いひものようなものは「担根体」と呼ばれる器官で、二叉分岐し(右上)、先端に根をつける(右下)。担根体はシュートとも根とも共通した特徴を持つが、そのどちらとも違う、不思議な器官だ。
テキスト目次に戻る
ホームに戻る