キンポウゲ属(キンポウゲ科)
ウマノアシガタ(キンポウゲ)
ウマノアシガタ

ウマノアシガタ花の中心には多数の緑色をした雌しべがかたまっており、それを包むように多数の雄しべがある。

ウマノアシガタ花びらとがく片は5枚ずつ

ウマノアシガタ
花の縦断面。中心軸に多数の雌しべがついており、その周りには多数の雄しべ、さらに花弁・萼片がある。
ウマノアシガタ
花の横断面。

ウマノアシガタ
雌しべ群(SEM像)

ウマノアシガタウマノアシガタ

ウマノアシガタ花びらの付け根に三味線のばちのようなかたちの蜜腺がある。断面(下)には細胞質の詰まった小型の細胞が集中しており、維管束がつながっている。
ウマノアシガタ

ウマノアシガタ蜜腺のあたりに口吻を差し込んで吸蜜するスジグロシロチョウ
ウマノアシガタ

ウマノアシガタ・キタヒメヒラタアブ
花粉を舐めるキタヒメヒラタアブ

ウマノアシガタ
ハナバチの1種

ウマノアシガタ・ササグモ
花でホソヒラタアブを食べているササグモ

キンポウゲ属・八重咲き園芸品
キンポウゲ属キンポウゲ属
キツネノボタン
キツネノボタンキツネノボタン
ケキツネノボタン
ケキツネノボタン
シマキツネノボタン
シマキツネノボタンシマキツネノボタン
トゲミキツネノボタン
トゲミキツネノボタン花が終わると、花被や雄しべは落ちて、雌しべ一つ一つがとげの生えた果実になる
トゲミキツネノボタン
テキスト目次に戻る
ホームに戻る