秋の山のキク科
アキノキリンソウ
アキノキリンソウアキノキリンソウアキノキリンソウ
アオヤギバナ

アキノキリンソウに対応する渓流型

アオヤギバナ アオヤギバナ アオヤギバナ アオヤギバナ アオヤギバナ
ツクシコウモリソウ
ツクシコウモリソウツクシコウモリソウ
モミジガサ
モミジガサモミジガサモミジガサモミジガサモミジガサ
カニコウモリ
カニコウモリ カニコウモリ カニコウモリ カニコウモリ
オオバコウモリ
オオバコウモリ
ニシノヤマタイミンガサ
ニシノヤマタイミンガサニシノヤマタイミンガサ
オヤリハグマ
オヤリハグマ オヤリハグマ オヤリハグマ オヤリハグマ
東馬哲雄さんに御指摘いただき、種名を訂正(2013/12)
クルマバハグマ
クルマバハグマ クルマバハグマ クルマバハグマ
コウヤボウキ
コウヤボウキ崖に生えているコウヤボウキ。地上部の寿命は二年で、根際(写真右端中央)から左上に斜上している方が当年の地上部(葉が緑色を留めている)、左下へ垂れ下がる方が枯死寸前の2年目の地上部(黄葉)。根際から下方に前年の2年目地上部の残りが垂れ下がっている。

コウヤボウキ コウヤボウキ
当年地上部の葉はハート形で長枝につく。二年地上部の葉は楕円形で当年枝の腋芽に由来する短枝に束生する。

コウヤボウキ当年の長枝の先端に少数の頭花がつく

コウヤボウキ コウヤボウキ コウヤボウキ
花後の冠毛は赤紫を帯びる
コウヤボウキ コウヤボウキ
ナガバノコウヤボウキ
ナガバノコウヤボウキ
雑木林のナガバノコウヤボウキ。コウヤボウキと同様に地上部の寿命は二年で、右側の斜上する方が当年の地上部、左側のやや低い方が2年目の地上部。当年地上部の葉はハート形で長枝につく。二年地上部の葉は楕円形で当年枝の腋芽に由来する短枝に束生する。

ナガバノコウヤボウキ ナガバノコウヤボウキ ナガバノコウヤボウキ ナガバノコウヤボウキ ナガバノコウヤボウキ
ナガバノコウヤボウキ花は2年目地上部の短枝に頂生する
キッコウハグマ
キッコウハグマ キッコウハグマキッコウハグマキッコウハグマ キッコウハグマキッコウハグマキッコウハグマ
マルバテイショウソウ
マルバテイショウソウ
春、やや湿った法面に見られるロゼット葉
ホソバノヤマハハコ
ホソバノヤマハハコホソバノヤマハハコホソバノヤマハハコ
ヤマハハコ
ヤマハハコヤマハハコヤマハハコ
ウスユキソウ
ウスユキソウウスユキソウ
フクオウソウ
フクオウソウ フクオウソウ フクオウソウ フクオウソウ
ヤマノコギリソウ
ヤマノコギリソウ
メナモミ
メナモミ
コメナモミ
コメナモミコメナモミ
ハバヤマボクチ
ハバヤマボクチ ハバヤマボクチ
オケラ
オケラオケラオケラオケラ
オタカラコウ
オタカラコウオタカラコウ
キリシマヒゴタイ
キリシマヒゴタイ
シュウブンソウ
シュウブンソウ シュウブンソウ
筒状花と舌状花がある

シュウブンソウ シュウブンソウ
開花期の草姿と根出葉
シュウブンソウに最近縁なAster tianmenshanensisは中国湖南省天門山の石灰岩崖に生育し、ロゼットから立つ花茎の先端に頭状花序をつけ、シオン属らしい花と冠毛を持つ果実をつける: Zhang G-J & al. (2015) Inaccessible biodiversity on limestone cliffs: Aster tianmenshanensis (Asteraceae), a new critically endangered species from China. PLoS ONE 10(8): e0134895. doi:10.1371/journal.pone.0134895
コヤブタバコ
コヤブタバコ コヤブタバコ コヤブタバコ
ヒメガンクビソウ
ヒメガンクビソウ
ヤブタバコ
ヤブタバコ ヤブタバコ ヤブタバコ ヤブタバコ ヤブタバコ
痩果の先端に粘液粒が出て粘りつく
ヌマダイコン
ヌマダイコンヌマダイコンヌマダイコンヌマダイコンヌマダイコン
ヒゴタイ
ヒゴタイ
ヒゴタイ ヒゴタイ
頭状花序は花1つだけからなる

ヒゴタイ茎頂に頭状花序が球状に密集する。先端の頭状花序から咲き始める。

目次に戻る
ホームに戻る