ケヤキ(ニレ科)
ケヤキ
ケヤキ ケヤキ ケヤキ
開花期のケヤキ。花序は他の枝より先に芽吹く。

ケヤキ花序には葉がついていて、ふつうの枝と似ている。花序につく葉はふつうの枝の葉より小さくて細く、一足先に展開する。

ケヤキケヤキ
ケヤキケヤキ
雄花・雌花・両性花がつく。基部の方には雄花が多く、数個かたまってつき、先端の方には雌花・両性花が1~3個ずつつく。途中は両方の中間で、雌花・両性花・雄花が見られる。この花序は咲き始めで、雌花・両性花の柱頭が露出しているが、雄花・両性花の葯は花粉を出していない。

ケヤキ
遅れて雄花が咲き始める

ケヤキ
この個体では、雄花が先に花粉を出し切っていた。

ケヤキ雌花。細突起の密生した柱頭が2本ある。

ケヤキケヤキ
雄花

ケヤキ両性花。雌性先熟。

散布体
ケヤキ
ケヤキ散布体

幹・枝・葉
ケヤキ樹幹。古くなった部分が不定形に浮いてはげ落ちる。地衣やコケがつくことも多い。

ケヤキ ケヤキ
越冬芽・展開
ケヤキ冬芽冬芽。茶色い鱗形の葉(鱗片葉)に覆われている。芽のすぐ下に、葉の落ちた痕(葉痕)がある。

ケヤキ冬芽ケヤキ冬芽
サクラが咲くころに鱗片葉がゆるみ、葉が展開する


テキスト目次に戻る
ホームに戻る