ケシ属
ナガミヒナゲシ
ナガミヒナゲシナガミヒナゲシ
開花まで
ナガミヒナゲシ
越冬したロゼット。春に花茎が伸びる。

ナガミヒナゲシナガミヒナゲシ
ナガミヒナゲシうなだれていたつぼみが、開花が迫るにつれて首をもたげる。トゲのような荒い毛が生えている萼片(2枚)は、花が咲くときに外れて落ちてしまう。
ナガミヒナゲシ
除草剤と花色
ナガミヒナゲシナガミヒナゲシ
開花前に除草剤を散布された個体。色素合成が阻害されて花弁の色がほとんどなくなり、花粉は白色となる。
個体の大小
ナガミヒナゲシナガミヒナゲシ
大きめの株から、ごく小さめの株まで見られる。小さいものは、花は1つで、花の大きさもオオイヌノフグリとそれほど違わない。

ナガミヒナゲシナガミヒナゲシ
大きい花と小さい花。雄しべ数や心皮数(柱頭の筋の数で分かる)も違う。

ナガミヒナゲシ花びらの幅(PW)、雄しべ数(ST)、心皮数(プロットで区別)の変異(1999年、京都市)

果実
ナガミヒナゲシナガミヒナゲシナガミヒナゲシナガミヒナゲシナガミヒナゲシ
ヒナゲシ
ヒナゲシ ヒナゲシ ヒナゲシ
ケシ
ケシケシ
ケシ。一般の栽培は禁止されているが、花壇に植えられているのを見ることがある。

ケシケシ
ケシ
ケシの果実。

アツミゲシ(セティゲルムゲシ)
アツミゲシケシに近縁な種で、栽培は規制されている。ケシと比べると花・果実は小さく、草の背も低い。線路沿いに群生していた。

アツミゲシアツミゲシアツミゲシアツミゲシ


テキスト目次に戻る
ホームに戻る