カタクリ・バイモなど(ユリ科|ユリ科)
カタクリ
カタクリ カタクリ カタクリ カタクリ カタクリ カタクリ
カタクリ
果実は3つに割れて、褐色の種子を露出する。果皮はほとんど白。種子の一端にはやや色が薄い附属体がついている。

カタクリ種子にはアリが集まってくる
カタクリ附属体目当てのアリが、果実から種子を運び出したり、地面に落ちた種子を巣に運び込む。
カタクリカタクリ
アマナ
アマナアマナアマナアマナ
キバナノアマナ
キバナノアマナ
花後
バイモ属
クロユリ
クロユリ
ホソバナコバイモ
ホソバナコバイモ ホソバナコバイモ ホソバナコバイモ
左は4月はじめの開花期、右は5月中旬の結実期ですでに葉が茶色になっている。種子散布のあとは10ヶ月近い長い休眠に入る。
バイモ
バイモ葉の先端が巻ひげ状になる。
バイモバイモ
ツバメオモト
ツバメオモト ツバメオモト
オオバタケシマラン
オオバタケシマラン オオバタケシマラン
ヒメタケシマラン
ヒメタケシマラン
テキスト目次に戻る
ホームに戻る