カラスビシャク属(サトイモ科)
サトイモ科のほとんどでは、やや太い棒のような軸の表面に、花柄なしで花がびっしりと敷き詰められるようにつく。このような花序を肉穂花序[spadix]という(→マムシグサとサトイモ科の肉穂花序)。
カラスビシャク(ハンゲ)
カラスビシャクカラスビシャク畑のわきや石積みの隙間に生える雑草。仏炎苞や附属体は緑色。

カラスビシャクカラスビシャク
カラスビシャク肉穂花序の上半分に雄花が、下半分に雌花がつく(雌雄同株)。花序の雌花部は仏炎苞に埋め込まれ、仏炎苞の壁に雌花が並ぶようになる。雌花部の上部から短い柄が出て、棒状の雄花部につながり、さらにひものように長い附属体になって仏炎苞の上から伸び出す。雌花部の下では、仏炎苞に開口部がある。
果実
カラスビシャク
カラスビシャク受粉すると、ふくらんだ子房が仏炎苞を押し広げるように顔を出してくる。花序は倒れる。
栄養繁殖
カラスビシャク
カラスビシャク葉は三出複葉で、小葉の付け根や葉柄の途中にむかごがつくことがある。むかごは簡単に取れて新しい株となる。

カラスビシャク梅林の下で無数の子株が見られた。
オオハンゲ
オオハンゲ オオハンゲ オオハンゲ オオハンゲ
直射日光下では小葉が谷折りになる
テキスト目次に戻る
ホームに戻る