イネ科(2)
イネ
イネイネ
イネイネ
イネイネイネ

イネ
イネイネ
キビ
キビ
アブラススキ
アブラススキ アブラススキ アブラススキ アブラススキ
セイバンモロコシ
セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ セイバンモロコシ
モロコシガヤ
モロコシガヤ モロコシガヤ モロコシガヤ モロコシガヤ モロコシガヤ モロコシガヤ
ミヤマヌカボ
ミヤマヌカボミヤマヌカボ

キリシマノガリヤス
キリシマノガリヤスキリシマノガリヤス

チョウセンガリヤス
チョウセンガリヤスチョウセンガリヤスチョウセンガリヤスチョウセンガリヤス
チヂミザサ
コチヂミザサコチヂミザサコチヂミザサコチヂミザサ ケチヂミザサケチヂミザサケチヂミザサ

チヂミザサ チヂミザサ
日向の葉と日陰の葉
オガルカヤ
オガルカヤ
2枚の苞葉に2つの小穂が包まれている。開花時には2つの小穂が互いに逆向きになるように広がる。

メガルカヤ
メガルカヤメガルカヤ

メリケンカルカヤ
メリケンカルカヤメリケンカルカヤメリケンカルカヤメリケンカルカヤ
結実期には赤茶色に枯れ、群生していると一面が色づく

フトボメリケンカルカヤ
フトボメリケンカルカヤフトボメリケンカルカヤフトボメリケンカルカヤフトボメリケンカルカヤ
コブナグサ
コブナグサコブナグサ

アゼガヤ
アゼガヤ アゼガヤ アゼガヤ アゼガヤ アゼガヤ アゼガヤ
トダシバ
トダシバ トダシバ トダシバ トダシバ
チカラシバ
チカラシバチカラシバチカラシバ

イヌビエ
イヌビエ

イヌビエ水田でイネに混じって生えている。イネと葉が良く似ていて除草のときに見逃されやすい。
イヌビエ

ネズミノオ
ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ ネズミノオ
アイアシ
アイアシ アイアシ アイアシ アイアシ アイアシ アイアシ アイアシ
ツノアイアシ
ツノアイアシ ツノアイアシ ツノアイアシ ツノアイアシ ツノアイアシ ツノアイアシ ツノアイアシ ツノアイアシ ツノアイアシ
コバノウシノシッペイ
コバノウシノシッペイコバノウシノシッペイ
オオアワガエリ
オオアワガエリ
タキキビ
タキキビ タキキビ タキキビ タキキビ タキキビ タキキビ
ヌカキビ
ヌカキビ ヌカキビ ヌカキビ
オオクサキビ
オオクサキビ オオクサキビ オオクサキビ
アシカキ
アシカキ アシカキ
サヤヌカグサ
サヤヌカグサ サヤヌカグサ サヤヌカグサ
ハイチゴザサ
ハイチゴザサ ハイチゴザサ
アシボソ
アシボソ アシボソ アシボソ アシボソ
ササガヤ
ササガヤ ササガヤ ササガヤ ササガヤ
ササクサ
ササクサササクサササクサササクサササクサ
ヒメノガリヤス
ヒメノガリヤス ヒメノガリヤス ヒメノガリヤス
シラゲオニササガヤ
シラゲオニササガヤシラゲオニササガヤ
クリノイガ属
シンクリノイガ
シンクリノイガシンクリノイガシンクリノイガシンクリノイガ

クリノイガ属の1種
クリノイガ属クリノイガ属クリノイガ属
輸入ダイズに混入していた果実


テキスト目次に戻る
ホームに戻る