イチョウ(イチョウ科)
イチョウ黄葉(クリックで拡大)

雌木
イチョウイチョウイチョウ
短枝の先端に、二又に分かれた先端に胚珠を1つずつつけた雌生殖器官がつく。

イチョウイチョウ

イチョウ胚珠の先端に受粉滴が見える。

種子
イチョウイチョウ

雄木
イチョウ
イチョウイチョウ
花粉錐

枝ぶり
イチョウイチョウ
葉が展開する前のイチョウの枝。長枝と短枝の2種類の枝があり、1本の長枝には多数の短枝がついている。

イチョウ
桜が咲くころ、短枝の葉が展開を始める

イチョウ短枝。多数の葉をつけるが、ごくわずかしか伸長しない。何年も伸び続けた短枝は、芋虫のようだ。短枝の葉では、葉身の先の切れ込みは浅く、ほとんど切れ込まないものもある。

イチョウ長枝の先端部。今年伸びた部分(当年枝)は緑色。長枝の葉は、葉身の先が二つに割れることが多く、切れ込みも深い。

イチョウイチョウ(イチョウ科)のシュート。斜め下向きに伸びた長枝に多数の短枝がつき、葉の集まりは傾いた平面を作る。

イチョウ
イチョウ暴風に遭ってしおれた葉
その他
イチョウ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る