ハマダイコン(アブラナ科)
ハマダイコンハマダイコンハマダイコン

ハマダイコンハマダイコン
花色は白~紫、淡黄とさまざま

ハマダイコン
造成後に出現した群落
果実
ハマダイコンハマダイコン
枯れた茎に乾いた果実が、他の多くのアブラナ科のように裂開しないで残る。果実は先がとがっていて、くびれがある。

ハマダイコン果実の縦断面。外見に比べて小さな種子が入っている。くびれのところは種子と種子の中間に当たり、ほとんど空洞になっている。

ハマダイコン種子のところの横断面。種子は、厚いスポンジ状の組織に埋め込まれている。

ハマダイコンハマダイコン
くびれのところは、薄い仕切りと外果皮だけでつながっている。熟した果実は、くびれのところがちぎれて、種子1個を含む分果(節果)ごとに散布される。

ハマダイコン
枯死後の地面に散乱した分果(節果)
越冬するロゼット
ハマダイコン
茎の毛

茎に毛が多い個体、少ない個体、ない個体がある。

ハマダイコンハマダイコン
テキスト目次に戻る
ホームに戻る