葉の表面(顕微鏡画像)
ラベンダー(フレンチラベンダー)(シソ科)
フレンチラベンダーフレンチラベンダーフレンチラベンダーフレンチラベンダー
ミントの1種(シソ科)
ミントの1種ミントの1種ミントの1種
マルバツユクサ(ツユクサ科)
マルバツユクサ マルバツユクサ
オオバグミ(グミ科)
オオバグミ
ナス(ナス科)
ナス
アカメガシワ(トウダイグサ科)
アカメガシワアカメガシワアカメガシワアカメガシワ
星状毛と皿状の毛が混在する
ヒカゲイノコズチ(ヒユ科)
ヒカゲイノコズチ
オオバヤドリギ(ヤドリギ科)
オオバヤドリギオオバヤドリギ
イチイガシ(ブナ科)
イチイガシ
イチイガシ
カラムシ(イラクサ科)
カラムシカラムシ
葉の上面(向軸面)の透明化像と蛍光像。ともに表皮近くの鍾乳体が見える。

カラムシ葉の下面(背軸面)の毛
サンシュユ(ミズキ科)
サンシュユ
葉脈分岐点近くには褐色のY字毛、他は柄が短い白色のT字毛が分布する
キョウチクトウ(キョウチクトウ科)
キョウチクトウ
横断面(SEM像)。1―表皮(向軸面)・2―柵状組織・3―海綿状組織・4―表皮(背軸面)。表皮(1・4)は3~4層の細胞層からなる。矢印は、背軸面のくぼみ(陥入部)を示す。

キョウチクトウ背軸面のくぼみの断面。くぼみは、開口部(★)が狭く、内部は広くなっている。内面には、毛が密生するとともに気孔(矢印で示す)が散在する。気孔が奥の方に隠れることで、蒸散量が抑えられ、乾燥に対して耐性が強くなる。

キョウチクトウ
裏面のスンプ像

キョウチクトウ
裏面の透明化像

キョウチクトウ
裏面のSEM像

セイタカアワダチソウ(キク科)
セイタカアワダチソウ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る