ギンリョウソウなど(イチヤクソウ科|ツツジ科)
ギンリョウソウ
ギンリョウソウギンリョウソウ
腐生植物で葉緑素を持たず、全体が銀白色に輝いている。鱗のような葉がついた茎の先に釣鐘のような花をつける。これらの特徴を銀色の龍に見立てて名前が付いた。

ギンリョウソウ
菌根

ギンリョウソウ花は下向きで、のぞきこむと花被片内面の毛と大きな柱頭が目立つ
ギンリョウソウギンリョウソウ
濃紺色の柱頭は、周辺部が分泌液でぬめっている。だんだんと開いて中央部が見えてくる。

ギンリョウソウギンリョウソウギンリョウソウ
子房を取り巻く雄しべの花糸にも毛が生えている

ギンリョウソウ花冠つけねのふくらみ(距)に蜜がたまっている。

ギンリョウソウ子房の断面

ギンリョウソウギンリョウソウ
果実

アキノギンリョウソウ(ギンリョウソウモドキ)
アキノギンリョウソウアキノギンリョウソウアキノギンリョウソウ
花は初秋。ギンリョウソウとよく似ている。

アキノギンリョウソウ
アキノギンリョウソウ果実。5枚の果皮のすきまから覗いているおがくずのようなものが種子。

アキノギンリョウソウ
種子。長さ1mm足らずで、胚はさらにその中央部だけにあり、それ以外は空洞になっている。

シャクジョウソウ
シャクジョウソウ


テキスト目次に戻る
ホームに戻る