ゲンゲ(レンゲソウ)
ゲンゲゲンゲ
ゲンゲが群生する春の田んぼ(レンゲ畑)

ゲンゲ ゲンゲ

ゲンゲゲンゲゲンゲゲンゲ
集まった花が外側を向いて咲く。咲きはじめは濃ピンク色、しだいに紫味が強まる。

ゲンゲ田んぼ1枚分のレンゲ畑に1個体だけ赤~紫系の色素を欠いた白花品が混じっていた。花びらだけでなく、萼片や茎にも赤味がない。

たくさんのミツバチが花々を巡っている。マメ科ソラマメ亜科の典型的な送粉パターンで、翼弁を押し下げて花の奥から蜜を吸うときに、竜骨弁からはみ出した葯と柱頭がミツバチの腹に当たる。

ゲンゲ・ニホンミツバチゲンゲ・ニホンミツバチ
ニホンミツバチ。2枚目の写真では、雄しべがハチの身体に押しつけられているのが見える。

ゲンゲ・セイヨウミツバチゲンゲ・セイヨウミツバチ
セイヨウミツバチ

ゲンゲ
ミツバチが何度も訪れた花は、はみ出した葯と柱頭が戻らなくなったり、花びらが傷だらけになる。

ゲンゲ・モンシロチョウ
自力で花に潜り込めないモンシロチョウは、ミツバチが使い古した花を好むようだ。
果実
ゲンゲ

花が終わると、個々の花が豆果(豆のさや)に変化していく。

ゲンゲ ゲンゲ

熟するにつれて豆果は黒変し、上下(背腹方向)につぶれた形になる。

ゲンゲ ゲンゲ

枯れた葉・茎の中に点々と黒い果実が散らばる

ゲンゲ種子

テキスト目次に戻る
ホームに戻る