フヨウ属(アオイ科)
フヨウ
フヨウフヨウ
フヨウ葉は単葉で5浅裂、表面はざらつく

フヨウ
大きなピンク色の花弁5枚でできた皿形の花冠の中心に、雄しべ・雌しべが棒のように突き出す。

フヨウフヨウ
雄しべは根元でつながり合って筒のようになって花柱を囲む

フヨウフヨウ
花柱の先は5つに分かれ、それぞれの先に毛が密生した柱頭に続く

フヨウ萼片の付け根から蜜が浸み出す

フヨウ花粉は被子植物の中でも大きい方で、金平糖のようなかたちをルーペで容易に観察できる

フヨウつぼみを下から見たところ。5枚の萼片の外側に、10枚の細長い苞葉[epicalyx bracts]がある。このように、萼をさらに取り囲む萼状のものを「副萼片」[epicalyx]という。

フヨウつぼみの中で、花びらはよじれるように納まっている

フヨウしぼんだ花。花柄の途中に関節(つながったようなところ)があり、受粉しなかった花は、そこで脱落する

フヨウ花上のハナアブ雄しべに止まって花粉を食べるアブ(上)。しばらくすると花びらの上に降りて前脚に着いた花粉を食べる(下)。

フヨウフヨウ
花の中心部のふつうの写真と簡易紫外線写真。可視光線で滲んだように色濃い部分が、紫外線吸収部として見える。
果実
フヨウ フヨウ
スイフヨウ
スイフヨウ
アメリカフヨウ
アメリカフヨウ
ムクゲ
ムクゲ ムクゲ ムクゲ
ハマボウ
ハマボウハマボウハマボウ
ケナフ
ケナフ
ブッソウゲ(ハイビスカス)
ブッソウゲ

フウリンブッソウゲ
フウリンブッソウゲフウリンブッソウゲ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る