フデリンドウ(リンドウ科)
フデリンドウ花冠の先端は5つの長い裂片と5つの短い裂片(「副片」という)に分かれている。長い裂片の裏側は緑色で、日中以外は(くもりの日は日中も)花冠は閉じ、緑色のところだけが外に来るように折り畳まれる(少しねじれが入る)。
フデリンドウフデリンドウ

フデリンドウフデリンドウフデリンドウフデリンドウフデリンドウ

フデリンドウ小型のハナバチが潜り込んでいる

果実
フデリンドウフデリンドウ
成長した子房が突き出して、上の方がわずかに開く。写真の果実ではゼンマイのように巻いた花柱が残るが、残らないときもある。

フデリンドウ
上の写真から一雨過ぎた直後のようす。雨が降ると大きく開く。種子が雨水とともに溢れ出していくのだろう。陽が射してあたりが乾いていくとともに、開いたのが元のように閉じてしまった。

フデリンドウ何回かの雨の後。色褪せた果実は、乾いても開いたまま。

フデリンドウ
フデリンドウ果実の内果皮。らせん状に細胞壁が厚くなった細胞が並ぶ。細胞の縦方向は果実の縦方向と一致している。

フデリンドウ
種子の断面

フデリンドウ秋に発芽し、ひっそりと葉を広げる。

フデリンドウ2月の姿
フデリンドウ


テキスト目次に戻る
ホームに戻る