アヤメ属の花
キショウブ
キショウブ堀割の隅で咲いている。

キショウブキショウブ
花を横から見たところ(左右の写真では、約60°回転している)。外花被片(OT)3・内花被片(IT)3・雄しべ3・雌しべ1からなる。外花被片が大きくて目立ち、先がべろりと垂れ下がる。内花被片はずっと小さくて細く、外花被片のすきまに直立する。子房(OV)は下位で、花柱の先端(★)は3つの裂片に分かれていて、まるで花びらのような形と色をしている。各裂片の下側(外花被片に向かう側)に三角形の柱頭(▲)があり、柱頭の少し奥に雄しべの葯(△)がある。

キショウブ柱頭と葯のあたりの拡大。

キショウブ
柱頭を顕微鏡で見ると、奇妙な形の突起がある。

キショウブ キショウブ
ノハナショウブ
ノハナショウブ
山頂近くのススキ草地に混じって生えている。

ノハナショウブノハナショウブ
花を横からと真上から見たところ。花柱は、花被片と同じ菫(すみれ)色をしている。横から見た写真では、右側の花柱と外花被片の間にトラマルハナバチが潜り込んでいる。

カキツバタ
カキツバタ
アヤメ
アヤメ
エヒメアヤメ
エヒメアヤメ

シャガ
シャガ
シャガスギ植林の下に群生。

シャガ シャガ
細かく切れ込んだ柱頭の下側に葯がある。

シャガ
ヒメシャガ
ヒメシャガ ヒメシャガ
カンザキアヤメ
カンザキアヤメカンザキアヤメ
テキスト目次に戻る
ホームに戻る