8-3. 動物付着散布[epizoochory]

果実・種子が鳥や獣のからだに付着して運ばれる。

  1. 「トゲ」によって付着する。単純なトゲではなく、引っ掛かりやすいしくみがあることがほとんど。
    1. トゲの先端が鈎(かぎ)のように曲がる(フックする)―オナモミ属・ヌスビトハギ属・キンミズヒキ属など
    2. トゲに「返し」(逆棘---さかとげ、逆刺---ぎゃくし、ともいう)がつく―センダングサ属
    3. トゲの束の先が広がる―ササクサ・ミズヒキなど
  2. 粘液を出して付着する―チヂミザサ・ヌマダイコン・タネツケバナなど
  3. まわりの泥を利用して付着する―スゲの仲間のような泥質湿地の小さな種子・果実を持つ植物
8-3-1. トゲ(鈎状)を持つ果実
鈎/鉤(かぎ)[hook]は棒の先端が曲がった物体・道具の総称
オオオナモミ
オオオナモミオオオナモミ(キク科)。水辺の湿った荒れ地に生える帰化植物。2つの花を包む総苞が、果実が熟すると、トゲを生やした硬い殻になる。トゲの先端は鈎のように曲がっている。

オヤブジラミオヤブジラミ
オヤブジラミ
オヤブジラミ(セリ科)。熟した果実は2つに分かれ、それぞれに、種子が1個入っている。果実の片割れ(分果)には、(1)直立して先端が鈎のように曲がったトゲ、(2)果実先端側に倒れ伏した細いトゲ、の2種類のトゲがついている。トゲの表面にも逆棘状の小さな突起がある。

ミソナオシミソナオシミソナオシミソナオシ
ミソナオシミソナオシ(マメ科ヌスビトハギ属)。果皮の表面には、先端が曲がった毛が分布している。

ヌスビトハギ
ヌスビトハギヌスビトハギ(マメ科)。果実の表面には大小の先が曲がったトゲがある。
「ひっつき虫」と面ファスナー

人間が衣服をまとうようになって以来、動物付着型の散布体は身近な厄介者で、「ひっつき虫」「ばか」「どろぼう」などさまざまな呼び名がある。英語ではトゲのある散布体を"bur"あるいは"burr"という。

ベルクロ
面ファスナーの断面。上がループ面、下がフック面。

最もよく使われているタイプの面ファスナーは、「ループ面」と「フック面」の組み合わせで固定するもので、「ベルクロ」[Velcro](商標)と呼ばれる(日本での商標は「マジックテープ」)。発明者はスイス人エンジニアde Mestralで、山歩きのときに衣服や連れていた猟犬にくっついたゴボウ属(キク科)の「ひっつき虫」を観察して着想を得た(1941)という。

ベルクロ=ベロア[velours]+クロッシェ[crochet]。仏語で、ベロアは毛羽立った編物/織物、クロッシェは鈎を指す。

ゴボウゴボウ(キク科)。アザミに似た頭状花序をつけ、総苞片の先は細く尖って鈎状に曲がる。
ゴボウ ゴボウ

面ファスナーのように、生物の構造を模倣して工業製品を設計・製造することをバイオミメティックス[biomimetics]という。

8-3-2. トゲ(逆刺つき)を持つ果実
コセンダングサコセンダングサ(キク科)

センダングサ属では、逆刺つきのトゲを先端につけた果実が頭状につく。→センダングサ

コセンダングサ

8-3-3. 広がるトゲの束を持つ果実

多くの種類では、先が外側に反り返っている。

ササクサササクサササクサ
ササクサ(イネ科)

ナガバハエドクソウナガバハエドクソウ
ナガバハエドクソウ
ナガバハエドクソウ(ハエドクソウ科)。花が終わると、果実が下を向くとともに、萼裂片の先が伸び、反り返ってトゲとなる。

ヒカゲイノコズチヒカゲイノコズチ
ヒカゲイノコズチ(ヒユ科)。果実は下向きで、基部の苞の2本のトゲが反り返る。

ミズヒキミズヒキ ミズヒキミズヒキ
ミズヒキ(タデ科)。花後に花柱が伸びて突き出し、先端が曲がってトゲとなる。先端の反り返りが強く、「鈎状」と呼んでもいいかも知れない。

ミズヒキ型の草姿

ササクサ・イノコズチ・ハエドクソウ・ミズヒキは似通った草姿をしている。葉の集まりから、見えにくい細長い花序が斜めに長く突き出して、果実が点々とつく。確かに、通りかかった動物に果実をくっつけやすい特徴に思える。

8-3-4. 粘液を出す果実
ケチヂミザサケチヂミザサケチヂミザサ
ケチヂミザサ(イネ科)。花序(小穂)の基部にある小さな葉から細長いトゲ(「芒」のぎ)が伸びる。芒についている粘液によって貼り付く。

ヌマダイコンヌマダイコン(キク科)の果実。果実の上部や突起から粘液を出す。

ノブキノブキ(キク科)。果実に粘球を付けた突起がある。


テキスト目次に戻る
ホームに戻る