当センターが担当のもの(免許法認定公開講座となります)


 平成29年度も、実施が確定したらお知らせします。  
     

   こ れ ま で の 講 座
2016
(H28) 
 発達障害児の教育
 12月23日(金)9:00〜16:10 (12:10〜13:00 休憩):納富恵子
  発達障害が在籍する通常の学級における学びのユニバーサ ルデザインの基本的な考え方と実践について
 12月24日(土)9:00〜16:10 (12:10〜13:00 休憩):中山 健
  発達障害のある児童生徒への合理的配慮と ICT 機器を利用 した支援、学習の背景にある認知機能を伸ばす指導法につ いて  
2015
(H27) 
 視覚障害児の発達と支援
 8月22日(土)9:00〜16:10 (12:10〜13:00 休憩)
 8月23日(日)9:00〜16:10 (12:10〜13:00 休憩)
 知的障害児指導法
 1月9日(土)9:00〜16:10 (12:10〜13:00 休憩)
 1月10日(日)9:00〜16:10 (12:10〜13:00 休憩)
2014
(H26) 
 聴覚障害児の言語指導
 6月7日(土)9:00〜16:10 (12:10〜13:00 休憩)
・聴覚障害の程度と型
・聴覚障害児の聞こえ
・コミュニケーション・モード
 6月8日(日)9:00〜16:10 (12:10〜13:00 休憩)
・バイリンガル教育の適用
・手話の指導
2013
(H25) 
 肢体不自由児教育の基礎講座
 7月28日(日)9:00〜16:10 (12:10〜13:00 休憩)
・肢体不自由を主とした障害のある子どもの評価〜ICFに基づく
・肢体不自由児の障害特性をふまえた指導の工夫
7月29日(月)9:00〜15:25 (12:10〜13:00 休憩)
・肢体不自由の理解〜身体の解剖・生理の基礎
・肢体不自由特別支援学校の教育課程
2012
(H24) 
 通常の学級における特別なニーズのある子どもへの指導
   授業のユニバーサルデザインの考え方と工夫の実際(講師:納富恵子・小学校教諭)
   COGENTプログラムの考え方と実施の実際(講師:中山健・小学校教諭
2011
(H23) 
知的障害児の理解と対応
 ○知的障害の定義と概念○知的障害を理解するために
 ●知的障害の発生要因●知的障害の合併症
 ★知的障害の心理特性★知的障害児の行動特性★問題行動(不適応行動)の理解
 ☆知的障害児への対応☆事例検討
 
 ○は総論●は生理学・病理学的内容★は心理面・行動特性に関する内容
 ☆は演習・体験を含む内容となります。 
2010
(H22) 
弱視児の評価法と指導法
  視知覚の基礎
  視機能評価の基礎
  MNREAD-Jの概要
  MNREAD-Jの実施法(演習)   

MNREAD-J の結果の処理
MNREAD-J の結果と支援法
弱視児の指導法
弱視児の教育課程
試験(免許法認定講習受講希望者のみ)
2009
(H21)
聴覚障害者の読みの指導
 読みの発達(相澤宏充)
 聴覚障害児における読みの問題(相澤宏充)
 音韻意識(太田富雄)
 手話を用いた読みの指導(大谷伸弥)
 個別の指導計画(太田富雄)
2008
(H20)
今日的課題に即した肢体不自由児の教育課程と指導法
 〜基礎理論、心理・生理・病理との関連を踏まえて〜

 健康面の指導と教育課程(飯野順子)
 進行性筋ジストロフィー児の身体面の指導(猪狩恵美子)
 摂食・嚥下指導(石坂郁代)
 肢体不自由養護学校における教育課程(一木 薫)
 肢体不自由児の特性に配慮した指導(大平 壇)
 医療的ケアの必要な子どもの指導と教育課程(堺 裕)
2007
(H19)
新しい発達障害児支援の動向
 発達障害児のアセスメントと指導:DN-CAS(中山 健)
 認知評価システムとCOGNET治療プログラム(中山 健)
 学童期高機能自閉症へのソーシャルスキルトレーニング(納富恵子)
 問題行動の理解・予兆・対応 −機能行動分析を基にした学習を円滑に進めるための工夫−(小山高慶)
 応用行動分析に基づいた学齢児の問題行動の予兆と対応:学習指導と問題行動への対応を両立させる方法(糸井まどか)
2006
(H18)
「知的に障害のある子どもの指導」
 人の生活の質(中村貴志)
 QLと障害者の支援(中村貴志)
 知的障害児のコミュニケーション指導T(藤金倫徳)
 知的障害児のコミュニケーション指導U(藤金倫徳)
 知的障害児の言語の側面の指導 −主に吃音−(見上昌睦)
 知的障害児の教育、指導、育児と将来(就労等)の課題(藤金倫徳)
2005
(H17)
「視覚障害児の発達支援と自立活動」
 視覚障害児の触覚活用指導(志村 洋)
 視覚障害児の運動発達(中村貴志)
 視覚障害児の歩行指導(中村貴志)
 障害がある子どもの理解(藤金倫徳)
 ディスカッション
2004
(H16)
「言語・コミュニケーションの障害とその指導法」
 言語・コミュニケーション障害概論 −構音障害とその指導−(石坂郁代)
 吃音の問題と支援(見上昌睦)
 重度重複障害児のコミュニケーション支援(大平 壇)
 養護学校における自閉性障害の支援(緒方よしみ)
 聴覚障害児への支援・AAC(太田富雄)
 通級指導教室における自閉性障害の支援(山田浩司)
2003
(H15)
「障害児教育講座」:障害者への運動・動作の支援
 知的障害と運動行為(国分 充)
 重度障害児の食事援助(椎名英貴)
 肢体不自由児の運動・動作の困難の理解とその支援 (f地勝人)
 脳性まひ児の病理と指導 −痙直型−(木舩憲幸)
 AACの考え方に基づく運動障害児へのコミュニケーション支援(福島 勇)
 
認知・コミュニケーショ ンの側面からみた重複障 害児の姿勢運動指導(大平 壇)
2002
(H14)
「障害児教育講座」:学習障害と自閉症圏障害の理解と教育
 医学的診断と障害の理解(1)(2)   (納富 恵子)
 心理学的な理解と教育の在り方(1)(2)(中山 健)
 通常学級におけるLD児への支援の在り方 (田中 順子)
 養護学校における自閉症圏障害児への教育 (緒方 よしみ)

2001
(H13)
「障害児教育講座」:子どもを見る目、そして子どもの教育支援−行動分析学の視点から−
 @子どもの見方とその指導(1)(2)(藤金 倫徳)
 A就学前発達障害児支援での行動分析の応用(1)(2)(山根 正夫)
 B学校教育への行動分析の応用(1)(2)(安永 啓司)
2000
(H12)
「障害児教育講座」:視覚障害児の発達援助と自立活動
 @自立活動」の意義(志村 洋)
 A視覚障害児の自立活動における音楽活用の可能性 (岡 典子)
 B視え方の理解と支援(1) −乳幼児・重複障害児を中心に−(中満 達郎)
 C視え方の理解と支援(2) −乳幼児・重複障害児を中心に−(中満 達郎)
 D運動と自立活動(池田 正一郎)
1999
(H11)
「障害乳幼児への教育的対応講座」:早期教育,早期教育相談,統合保育の実際・成果・課題
 @0歳からの早期教育の実際と成果(山下 勲)
 A早期教育相談の取り組みの実際と成果(鉢嶺 清融)
 B共育ちの子どもたち −統合保育の実践から−(浦谷 冨士子)
「障害児教育講座」:聴覚障害教育の動向と課題
 @聴覚障害児の聴覚学習の諸問題(高橋 信雄)
 A聴覚障害児の言語発達を重視した言語指導法(南出 好史)
 B聾学校における自立活動の計画作成について(太田 富雄) 
1998
(H10)
「障害児教育講座」:健常者及び軽度から重度・重複障害者に対する医学的・教育的運動指導アプローチ
 @健常者および軽度運動障害者に対するアプローチ(f地 勝人)
 A身体障害者に対する理学療法(堺 裕)
 B重度・重複障害者の姿勢運動とコミュニケーションの指導(木舩 憲幸)
「統合保育講座」:幼稚園・保育園における障害幼児の統合保育−動向・実線・課題−
 @統合保育の動向と実態及び課題−福岡市における14年の実践例も含めて−(山下 勲)
 A幼稚園における共育(安武 智里)
 B共に育つ子どもたち−生活と遊びの中で−(浦谷 冨士子)
1997
(H9)
「特別なニーズを持つ子ども達の教育」
 @発達障害児への感覚運動治療法(海塚 敏郎)
 A普通学級内の「特別なニーズ」を持つ子ども達に対する教育(渡部 信一)
 B学習障害とその周辺の子どもたちの診断と医学的留意点について−精神科医としての経験をもとに−(納富恵子)
 CLD児及び軽度MR児の評価と指導(酒井 均)
1996
(H8)
「精神発達遅滞児の自律・自立を求めて」
 @精神発達遅滞児をめぐる現状・課題・指導をめぐる諸問題(山下 勲)
 A精神遅滞児の学校教育(鉢嶺 清融)
 B発達障害児のコミュニティスキル指導(藤金 倫徳)
1995
(H7)
「コミュニケーション障害児の診断と指導」
 @コミュニケーション障害のとらえかた(石井 武士)
 Aコミュニケーション障害児の診断と評価(石澤 博子)
 Bコミュニケーション障害児の指導(南出 好史)
1994
(H6)
「運動障害を主とする障害児の指導」
 @運動障害児の動作法を中心とした指導−姿勢を中心として−(f地 勝人)
 A重度の脳性まひ児の姿勢運動発達の指導法(木舩 憲幸)
 B障害幼児の摂食指導−重度障害を中心として−(養父 節子)
1993
(H5)
「学習障害への取り組みの現状と課題」
 @今なぜ学習障害なのか(坂本 龍生)
 A学習障害−医学的援助の実際について−(納富 恵子)
 B学習障害と感覚統合(海塚 敏郎)
1992
(H4)
「精神発達遅滞児の指導−理論と実際−」
 @精神発達遅滞児をめぐる動向・課題・発展・成果(山下  勲)
 A精神発達遅滞児の学校教育(鉢嶺 清融)
 B精神遅滞児・自閉症児の指導(藤金 倫徳)
1991
(H3)
「障害児教育に関する最近の動向」
 @精神遅滞児の教育をめぐる動向と実践的課題(山下  勲)
 A障害児教育における動作法の適用(昇地 勝人)
 B重症児の頚座に関する神経生理学的方法について(木舩 憲幸)
 CD障害児教育の指導法とその周辺領域(海塚 敏郎、波部 信一)
 E話しことばの指導に関する最近の動向(藤金 倫徳)
 FTEACCHプログラム−構造化の効果について−(納富 恵子)
 G聴覚障害児と算数(南出 好史)
 H聴覚障害教育に関する最近の動向(石升 武士)
1990
(H2)
「心身障害児の発達・教育検査法」
 @重度・重複障害児の教育的診断(f地 勝人)
 ATEACCHプログラムにおける評価(納富 恵子)
 B精神発達障害児の発達・教育検査法−とくに実践直結型の診断・検査−(山下 勲)
 C感覚運動指導のためのソフトサイン検査(木舩 憲幸)
 D聴力検査(南出 好史)
 E言語障害をめぐる諸検査(石井 武士)
 F自閉児の発達評価−行動分析学的指導の立楊から−(藤金 鈴徳)
 G標準失語症検査(渡部 信一)
1989
(H1)

 @障害児教育の実践的課題−精神発達の遅滞と障害を中心として−(山下  勲)
 A自閉症児の治療教育をめぐる最近のトピックス(船津 守久)
 B発達障害に対する感覚統合訓練(海塚 敏郎)
 C「九歳レベルの壁」とは何か(南出 好史)
 D転換期にある障害児教育(渡部 信−)
 E姿勢と姿勢統制(昇地 勝人)             ・
 F重度・重複障害児の姿勢運動の神経学的指導(木舩 憲幸)
 G障害児の言語教育をめぐるいくつかの問題−特に聴覚障害児教育において−(石井 武士)
1988
(S63)
(本年より治療教育センター主催)
 @ダウン症児の治療教育−理論と実際−(山下 勲)
 A障害児のための動作法の理論と実際(f地 勝人)
 B重度・重複障害児に対する訓練プログラム−寝たきり障害児を中心に−(多田 俊作)
 C感覚、運動指導の神経学的背景と実際(木舩 憲幸)
 D感覚統合訓練の理論と実際(海塚 敏郎)
 E自閉児、精神発達遅滞児の言語指導における理論と実際(船津 守久)
 F聴覚障害児教育とことばの指導(南出 好史)
 G失語症の言語訓練−成人の言語障害について−(渡部 信一)
 H言語障害児の言語学習指導(石井 武士)
1987