連携融合事業の概要


事業主体

 学校現場が求める実験・観察・実習及び技術の体験型実践強化プログラムの開発
  −体験型学習を重視した理科・家庭科・科学技術・環境教育に対する支援のための連携融合事業(学校・教育委員会・大学) −

事業概要

 こどもたちが,自ら学び自ら考える力などの生きる力を育むことが急務である。そのために 本学では,教育現場・教育委員会・地域企業・大学間ネットワークを構築し,調査・実践研究,カリキュラム開発,教材開発,教員研修等を有機的に結合させ, 本学学生及び学校現場に勤務する教員の教育に必要な実践力を備えた有意な教育者の養成を図ることによって,子どもの問題解決能力を育成しようとするもので ある。
 初等・中等教育における理科・家庭科・科学技術・環境教育に対する興味関心を高めるため,実験・観察・実習及び技術に関する体験型実践強化プログラムの開発を行うとともに,教材も見直し効果的活用を図るものである。

事業実施主体

 福岡教育大学附属教育実践総合センター、理科教育講座、家政教育講座、技術センター、技術教育講座

事業計画期間

 平成18年4月〜平成21年3月(3年)


作成日:2008年2月22日
更新日:2008年2月22日
お問い合わせ先、福岡教育大学・総務課地域連携係:
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1、TEL 0940-35-1480
連携融合事業トップページへ戻る