連携融合事業の事業内容について

目的・目標

 初等・中等教育における理科・家庭科・科学技術・環境教育やエネルギー・環境問題に対する興味・関心を高めるため、実験・観察・実習及び技術に関する体験型実践強化プログラムの開発を行うとともに、教材も見直し、その効果的活用を図ります。さらに、実践的かつ体験的なプログラムを開発し、その開発プロセス(思考・製作過程)並びに開発された教材活用法を本学学生と現職教員に提供することで、地域が抱える現代的教育ニーズや課題解決に資することが本事業の大きな目標です。

授業支援

 児童・生徒の理解を高めるために、理科・技術・家庭科の実験・観察・実習・演習に大学の教員が参加して支援します。

教員研修

 先生の力量を高めるために、リフレッシュ教育を行います。

研究会

 理科離れや生活力低下、エネルギー・環境問題の解決のため、学校現場と大学が協力して調査・研究を行います。

教育相談ネットワーク

 教育相談や情報交換を手軽に行えるように、通信ネットワークシステムを作ります。また、専用ホームページを開設します。

科学イベント

 サイエンス啓発運動の一環として、学校の記念事業、PTAの企画事業、その他の教育団体・施設の要請に応じて、公開実験や標本の出展を行います。


事業内容についての詳細は各分野のページ(及び、その連絡先)をご覧下さい。

理科分野 技術科分野 家庭科分野

作成日:2008年2月22日
更新日:2008年2月22日
お問い合わせ先、福岡教育大学・総務課地域連携係:
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1、TEL 0940-35-1480
連携融合事業トップページへ戻る