本文へスキップ

精華の子を育てる 福岡教育大学附属久留米小学校

電話でのお問い合わせはTEL.0942-32-4402

〒830-0051 福岡県久留米市南一丁目3番1号

ごあいさつ

校長あいさつ

福岡教育大学附属久留米小学校 校長 

 本校は,福岡県女子師範学校の附属小学校として,明治40年に早良郡鳥飼村に開校しました。その後,何度かの改称と昭和21年の久留米への移転後,平成16年の国立大学の法人化に伴い,国立大学法人福岡教育大学附属久留米小学校と改称して現在に至っています。
 次世代を担う子ども達は,急速に変化する知識基盤社会の中で生きていくために,「何を知っているか・何ができるか」にとどまらず,「それをどのように使って,どのように生きていくか」が問われることになります。このために,他者との関わりの中で知識やICTを使いこなし,新たな価値を創出することを主体的に進めることが必要となります。
 そこで,学校教育目標に「21世紀を担う人間力の基礎を身に付けた子どもを育成する」を掲げて教育活動を展開しています。この中で,本校の校訓である「精華(せいか)」からつながる「目指す子ども像」は以下のようになっています。

「せいか(精華)」の子

 「せ」・・・「せいちょうする子」(気力・体力的)

 「い」・・・「いい心の子」   (心的・人間的)

 「か」・・・「かしこい子」   (知的・学力的)

 平成28年度からは,教育課程特例校として「情報科」と「外国語科」の指定を受けています。また平成28年度から校長は久留米小学校と久留米中学校を兼任することになり,小中連携も視野に入れた教育研究活動を始めたところです。
 100年を超える本校の輝かしい伝統を引き継ぐとともに,これまでに積み重ねられた教育研究の成果を基に新たな教育課題へ対応するため,引き続き,教職員一丸となって精進してまいります。 
 皆様のご理解とご支援の程,よろしくお願い申し上げます。

副校長あいさつ

福岡教育大学附属久留米小学校  副校長 

「家庭教育と学校教育をつなぐ」
保護者の皆様とともに
 福岡教育大学の附属小学校である本校は,普通教育を行うとともに,@教育実習を受け入れる,A教育実践研究を推進する,A地域教育の新興に貢献するという使命があります。このため,本校の教育課程や教育指導,学校運営については,その使命に基づく特色があります。また,地域を基盤として設置された学校ではないことからも,公立学校とは違う側面があります。
 このような背景をもつ本校では,保護者の皆様の積極的なご理解とご協力こそが,学校を支える力となってまいりました。父母教師会及び育友会のリーダーシップと保護者の皆様のご尽力で,教職員と保護者が一体となった学校運営が具現化されて,確実な成果を上げながら長い歴史を刻んでまいりました。保護者の皆様とともに,子育ての歩みをよりよく創る学校でありたいと願っています。
答えはすぐ身近に見える (青麦121拙者寄稿より抜粋)
 「凡事徹底をはかる」−挨拶をする,掃除をする,履き物を揃える,ゴミを拾うなど,誰にでもできることをきちんと実行するという意味です。挨拶も掃除も靴並べも,やろうと思えば誰にでもできます。この「誰にでもできること」をきちんと実行できるようにすることは,人格形成や豊かな生き方につながる重要な教育内容であります。しかし,誰にでもできる「凡事」であるがゆえに,できているかどうか,見過ごされることがあるかもしれません。
 子育ての答え(成果)は,遠い将来に見えてくることも多いのですが,身近な行いに見えることも多くあるものです。子どもたちがよりよく成長してほしいと願う私たちは,まずは「凡事徹底」でいかがでしょうか。家庭教育と学校教育がつながって,「身近な行い」をよりよく高め「遠い将来」に生かしていけるように「当たり前のことをきちんとする」学校文化をつくりたいと願っています。

 本校の学校経営及び教育指導等につきまして,変わらぬご理解とご協力をお願い申し上げます。
        

 

information

福岡教育大学附属久留米小学校

〒830-0051
福岡県久留米市南一丁目3番1号
TEL.0942-32-4402
FAX.0942-35-4322