このページの本文へ移動
大学案内
(ホームから現在地までの階層リスト)
ホーム
大学案内
福教大の取組
男女共同参画社会基本法に基づく取組

男女共同参画社会基本法に基づく取組

国立大学法人福岡教育大学男女共同参画基本方針・重点取組

 福岡教育大学における男女共同参画の実現については、第1期中期計画に「女性等の教職員採用の促進に向けて、環境や条件を整備する」ことを掲げ、女性が安心して働くことのできる職場環境を整えるため、ハラスメント防止に関する各種啓発活動を実施してきました。加えて、仕事と家庭の両立(ワークライフバランス)支援を推進してきた結果、本学における女性職員に占める割合は毎年増加し、平成20年度は、教育職員24.4%(大学教員22.8%、附属教員26.9%)、事務職員では32.2%と、国立大学協会の数値目標(女性教員比率20%)を上回ることができました。
 この度「国立大学法人福岡教育大学男女共同参画基本方針」並びに「福岡教育大学の男女共同参画に関する重点取組」を次のとおり定めましたので、職員各位におかれては、本趣旨をご理解のうえ、より良い就労環境の確立・男女共同参画社会の実現に向けて、ご協力くださるようお願いします。

平成21年3月26日
国立大学法人福岡教育大学長
大後 忠志

国立大学法人福岡教育大学男女共同参画基本方針

  1. 教育・研究・就労における仕事と家庭生活の調和の実現に対する支援
  2. 性差に関する問題発言及び問題行動の撤廃
  3. 男女共同参画に関する啓発活動の推進

福岡教育大学の男女共同参画に関する重点取組

  1. ワークライフバランスに関する積極的な啓発活動
  2. ノー残業デー(毎週水曜日)の実行
  3. 効率的な会議運営(開催通知に終了時刻を明示するとともに原則として17時以降の会議はしない)

 民間企業の所定労働時間のすう勢との均衡から出された、平成20年度人事院勧告(所定労働時間の短縮)を受け、本学でも、所定労働時間を1日8時間から7時間45分に短縮することとしました。これに伴い、今後もさらに仕事と家庭の両立支援(ワークライフバランス)を推進し、もって、男女共同参画を推進するための取組として、表明するものです。

◎男女共同参画社会基本法の精神に則り、本学では教員の募集に際し、女性の積極的な応募を歓迎します。

「男女共同参画社会とは何か
-男性からみた男女共同参画社会-」を開催しました。

-女性職員の登用について-を開催しました。

-ワーク・ライフ・バランス-を開催しました。

仕事と家庭の両立支援リーフレットを作成しました。

リーフレット表紙画像仕事と家庭の両立支援リーフレット

◇男女共同参画社会基本法関係については次のURLをご確認ください。

国立大学法人福岡教育大学
就業支援室男女共同参画推進部会

 

アクロバットリーダーバナー

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。
バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

Copyright © Fukuoka University of Education. All Rights Reserved.
国立大学法人 福岡教育大学
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1 電話:0940-35-1200 (代表) 交通アクセスお問い合わせ