このページの本文へ移動
在学生・保護者の方へ
(ホームから現在地までの階層リスト)
ホーム
在学生・保護者の方へ
教務関係について知りたい
教育実習について

教育実習について

福岡教育大学では、1年次から学校教育現場を体験し、4年間にわたって幼児・児童・生徒と関わりながら実習が行えるような体制を整えています。
各年次においてそれまでに学んだ教職に関する基礎的な知識や方法論を基に実習に臨むことで、卒業までに教科指導や生徒指導等を行う上で必要となる実践的指導力の基礎を身につけることができます。

学校教育3課程(初等教育教員養成課程、中等教育教員養成課程、特別支援教育教員養成課程)に所属する学生の教育実習の流れ

初等教育教員養成課程

初等教育教員養成課程の教育実習の概要
1年次 体験実習
宗像地区小学校・園で、授業・保育、学校行事や課外活動に参加します。先生の補助を行い、子どもに付き添い、見守り、子どもの様々な可能性に目を向け、子どもの安全に気を配るという体験を通して、教育者の視点を体験します。
2年次 観察参加
附属小学校・園において3年生の本実習を観察します。反省会等に参加して、次年度の実習に向けての心構えを養います。
基礎実習
各教科の授業を構想する力を培い、本実習の基礎を作ります。宗像地区小学校・園及び附属小学校・園で授業・保育を参観します。これらの授業を分析・考察し、授業改善の方策を考え、さらに模擬授業などを試みます。
3年次 本実習
実際に教壇に立って教育実習を行い、実践的指導力の基礎を培います。3年次に、附属小学校で4週間の本実習を行います。(幼児教育選修を除く)
幼児教育選修所属の学生は、3年次に附属小学校で3週間の本実習を行い、さらに、協力幼稚園または附属幼稚園で3週間の本実習を行います。
4年次 教育総合インターンシップ実習
1年次から3年次までの教育実習や教職・教科専門科目などで学習した成果を総合・統合して、協力学校または附属学校での実践に応用することにより、教師としての資質及び力量を高めることを目指します。

※附属小学校は,福岡,小倉,久留米の三地区にあり,そのいずれかの学校で教育実習(観察参加・基礎実習を含む)を実施します。これら三地区は大学がある赤間地区から地理的に離れているため,実習期間中は、実習先近隣のアパートやウィークリーマンション、ホテル等を借りて行っている学生も少なからずいます。
※副免許状として、中学校や高等学校の教育職員免許状取得を希望の場合には、4年次に協力中学校(基本は実習生の出身中学校)で2週間の教育実習を行います。
※副免許状として、特別支援学校の教育職員免許状取得を希望の場合には、4年次に協力特別支援学校で3週間の教育実習を行います。(原則として、福岡県内の特別支援学校の協力を得て行います。実習期間中は、ほとんどの学生が、実習先近隣のアパートやウィークリーマンション、ホテル等を借りて行っています)
※なお、副免許状の実習は同一年次に複数の実習に参加することは出来ません。(4年次に、中学校実習と特別支援学校実習に参加することはできません。)

中等教育教員養成課程

中等教育教員養成課程の教育実習の概要
1年次 体験実習
宗像地区中学校で、授業、学校行事や課外活動に参加します。先生の補助を行い、子どもに付き添い、見守り、子どもの様々な可能性に目を向け、子どもの安全に気を配るという体験を通して、教育者の視点を体験します。
2年次 観察参加
附属中学校において3年生の教育実習を観察します。反省会等に参加して、次年度の実習に向けての心構えを養います。
基礎実習
各教科の授業を構想する力を培い、本実習の基礎を作ります。宗像地区中学校及び附属中学校で授業を参観します。これらの授業を分析・考察し、授業改善の方策を考え、さらに模擬授業などを試みます。
3年次 本実習
実際に教壇に立って教育実習を行い、実践的指導力の基礎を培います。
3年次に、附属中学校で3週間の本実習を行います。
さらに、4年次に、協力高等学校(基本は実習生の出身高等学校)で2週間の本実習を行います。
4年次
教育総合インターンシップ実習
1年次から3年次までの教育実習や教職・教科専門科目などで学習した成果を総合・統合して、協力学校または附属学校での実践に応用することにより、教師としての資質及び力量を高めることを目指します。

※附属中学校は,福岡,小倉,久留米の三地区にあり,そのいずれかの学校で教育実習(観察参加・基礎実習を含む)を実施します。これら三地区は大学がある赤間地区から地理的に離れているため,実習期間中は、実習先近隣のアパートやウィークリーマンション、ホテル等を借りて行っている学生も少なからずいます。
※副免許状として小学校の教育職員免許状取得を希望の場合には、4年次に協力小学校(基本は実習生の出身小学校)で2週間の教育実習を行います。
※副免許状として、特別支援学校の教育職員免許状取得を希望の場合には、4年次に協力特別支援学校で3週間の教育実習を行います。(原則として、福岡県内の特別支援学校の協力を得て行います。実習期間中は、ほとんどの学生が、実習先近隣のアパートやウィークリーマンション、ホテル等を借りて行っています)
※なお、副免許状の実習は同一年次に複数の実習に参加することは出来ません。(4年次に、小学校実習と特別支援学校実習に参加することはできません。)

特別支援教育教員養成課程

特別支援教育教員養成課程の教育実習の概要
1年次 体験実習
福岡県内の協力特別支援学校で、授業、学校行事や課外活動に参加します。先生の補助を行い、子どもに付き添い、見守り、子どもの様々な可能性に目を向け、子どもの安全に気を配るという体験を通して、教育者の視点を体験します。
2年次 観察参加
附属学校において3年生の教育実習を観察します。反省会等に参加して、次年度の実習に向けての心構えを養います。
基礎実習
各教科の授業を構想する力を培い、本実習の基礎を作ります。宗像地区協力学校及び附属学校で授業を参観します。これらの授業を分析・考察し、授業改善の方策を考え、さらに模擬授業などを試みます。
3年次 基礎免実習・本実習
実際に教壇に立って基礎免実習や本実習を行い、実践的指導力の基礎を培います。
初等部は附属小学校で4週間、中等部は附属中学校で3週間の基礎免実習を行います。
附属学校での基礎免実習後、福岡県内の協力特別支援学校で3週間の本実習を行います
4年次 教育総合インターンシップ実習
1年次から3年次までの教育実習や教職・教科専門科目などで学習した成果を総合・統合して、協力学校または附属学校での実践に応用することにより、教師としての資質及び力量を高めることを目指します。

※附属小・中学校は,福岡,小倉,久留米の三地区にあり,そのいずれかの学校で教育実習(観察参加・基礎実習を含む)を実施します。これら三地区は大学がある赤間地区から地理的に離れているため,実習期間中は、実習先近隣のアパートやウィークリーマンション、ホテル等を借りて行っている学生も少なからずいます。
※特別支援学校での本実習は、原則として、福岡県内の特別支援学校の協力を得て行います。実習期間中は、ほとんどの学生が、実習先近隣のアパートやウィークリーマンション、ホテル等を借りて行っています。
※初等部所属の学生で、副免許状として中学校及び高等学校の教育職員免許状取得を希望の場合には、4年次に協力中学校(基本は実習生の出身校)で2週間の教育実習を行います。
※中等部所属の学生で、副免許状として小学校の教育職員免許状取得を希望の場合には、4年次に協力小学校(基本は実習生の出身校)で2週間の教育実習を行います。

生涯教育3課程(共生社会教育課程、環境教育課程、芸術課程)に所属する学生の教育実習の流れ

教育職員免許状の取得は義務づけられていない課程ですが、履修方法を工夫することにより教育職員免許状の取得が可能です。詳しくは、取得可能な教育職員免許・資格のページをご参照ください。

(例)中学校及び高等学校の教育職員免許状取得希望の場合

生涯教育3課程の教育実習の概要
2年次 説明会参加及び免許状取得希望届の提出
4月に生涯教育3課程所属の学生を対象とした、教育職員免許状取得についての希望調査を行います。まず、教育職員免許状取得にかかる説明会に参加し、希望届を提出した者に限り、免許状取得希望者とみなし、今後の教育実習参加等の手続きを行います。
観察参加
附属中学校において3年生の教育実習を観察します。反省会等に参加して、次年度の実習に向けての心構えを養います。
基礎実習
各教科の授業を構想する力を培い、本実習の基礎を作ります。宗像地区中学校及び附属中学校で授業を参観します。これらの授業を分析・考察し、授業改善の方策を考え、さらに模擬授業などを試みます。
3年次 中等教育実習(附属中学校)
実際に教壇に立って教育実習を行い、実践的指導力の基礎を培います。附属中学校で2週間の中等教育実習を行います。
4年次 中等教育実習(協力高等学校)
実際に教壇に立って教育実習を行い、実践的指導力の基礎を培います。
協力高等学校で2週間の中等教育実習を行います。(協力高等学校は、基本は実習生の出身校です)

※中学校教育職員免許状取得のみ希望または高等学校教育職員免許状のみ取得希望の場合には、教育実習の流れが若干異なります。詳しくは、2年次4月実施の教育職員免許状取得にかかる説明会にて説明します。
※附属中学校は,福岡,小倉,久留米の三地区にあり,そのいずれかの学校で教育実習(観察参加・基礎実習を含む)を実施します。これら三地区は大学がある赤間地区から地理的に離れているため,実習期間中は、ほとんどの学生が、実習先近隣のアパートやウィークリーマンション、ホテル等を借りて行っている学生も少なからずいます。
※生涯教育3課程に所属する学生は、4年次までに小学校や特別支援学校の教育職員免許状を取得することはできません。5年次以降に、小学校・特別支援学校へ教育実習参加することとなります。取得希望の方は、教育支援課担当者にご相談ください。

お問い合わせ先

教育支援課

電話 : 0940-35-1270,1233
Fax : 0940-35-1704
E-mail : taikncho@fukuoka-edu.ac.jp
窓口及びお電話の受付時間:月~金8:30~17:00(祝日及び12:30~13:15を除く)

Copyright © Fukuoka University of Education. All Rights Reserved.
国立大学法人 福岡教育大学
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1 電話:0940-35-1200 (代表) 交通アクセスお問い合わせ