このページの本文へ移動
大学案内
(ホームから現在地までの階層リスト)
ホーム
大学案内
学長室
福岡教育大学長への提案
「福岡教育大学長への提案制度」とは

「福岡教育大学長への提案制度」とは

 質の高い教員養成、特色ある大学づくりなどについて、学外の皆様から本学に対してご提案をいただき、本学の大学運営に活用させていただくために、平成21年度に新たに創設した制度です。
 本学は、地域社会と連携し、地域におけるさまざまな役割を果たすことによって、地域とともに発展することを目指しております。今後も地域の皆様のご期待に添えるよう一層の努力を重ねて参りますので、引き続きよろしくお願いいたします。

これまでの取組み状況

提案内容と対応
回答(改善)年月日ご提案本学の対応
平成23年12月16日 【国歌斉唱の儀式的行事等への導入】
先日の福岡教育大学60周年記念式典にお招きいただきありがとうございました。小学校長会を代表して参加させていただきましたことに感謝いたします。残念ながら式典の中で国歌を聞くことはありませんでした。聞くところによりますと,入学式・卒業式でも国歌を歌うことはないとのことです。教員養成を目指す九州唯一の大学とのキャッチフレーズですが,教育の基本は日本国民の育成であり,学習指導要領等にも国歌斉唱(教えること)は位置づけられています。将来,大半の学生は教職につくことを考えれば儀式的行事にないのは不思議なことです。国歌斉唱を儀式的行事等には取り入れていただきますようお願いいたします。教育の原点が国であることの見方をおつくりいただきますよう努力願います。
 本学では,平成22年3月25日に挙行いたしました平成21年度卒業式・修了式から「国歌演奏」を実施しておりましたが,皆様方からのご意見等を踏まえ,また,「有為な教員を養成する」とした本学の基本理念に照らして,本学が教員養成と教育者の育成並びに教員の継続教育を行う九州唯一の国立の教育大学であるという社会に対する姿勢を明確にするため,これまでの「国歌演奏」を「国歌斉唱」に変更することといたしました。
次回の卒業式・修了式(平成24年3月23日挙行)より「国歌斉唱」を実施いたします。
【教育現場との距離の近い大学の創造を】
(2)小学校から高校まで,入学式,卒業式においては,式次第に国歌斉唱が位置づいています。日本国民として当然のことですが,教員養成の本学で歌われないのは何故でしょうか。無国籍の人間を育てているようで寂しい気がします。私大の教育学部には,きちんと位置づけられています。
平成23年 6月27日 件名:教職就職率向上のための方策
1.毎年,以下の3検討会を持つ
(1)教員採用試験合格率について
全教授会を持ち,反省する。
反省に基づき努力事項を決定する。
(2)努力事項を実践する。
(3)実践の中間報告会を開く。
以上(1)(2)(3)を毎年開く。
2.就職率の良い国内大学に教授を派遣し,長所を本学に取り込む。
3.先輩教師に講話をさせ,教職に対する情熱をかき立てる。
4.人口増加している都市にての受験を促す。
 教員採用率の向上策について教育研究評議会や教授会で審議や報告を行い,課題を確認し,各講座で取組を進めています。また,先輩教員の講話,教員需要の多い都市への受験の奨励は既に実施してきました。他大学での優れた取組の調査も昨年度行っているところであり,その結果の活用は教員採用率のさらなる向上への有効な取組として今後活用していく所存です。
平成23年 6月27日  日々働いていて現場で感じるのは、服装や髪型、上司に対 する接し方など、当たり前のことが出来ていない教員が多い。福岡市の子どものためにまともな先生に合格してもらいたいと願っています。
そこで、以下のような提案をいたします。
(1)福岡市学生サポーターの単位認定
(2)各学校の研究授業への参加
(3)教員免許を取得する学科のみへの学科編成
(4)卒業生の積極的活用
(5)若手(20~30代)の教員を招聘して教職に対するアドバイスをさせる。
後輩たちが一年でも早く正採用され、現場で共に働きたいものです。
 教育者としての立ち振る舞いや服装については,率先すべき大学教員からの改革を行ってきています。また,学生の教職に対する理解の深化と動機づけを図るため,卒業生や若手教員の講話を実施することは従前から行っておりますが,学生サポーターの単位認定,教員養成課程への特化,公立学校の研究授業への参加等は今後の検討課題として承りたいと考えます。
平成23年 6月27日 【委員会の設置について】
「福岡教育大学の将来検討委員会」を設置することが第1と思う。早急に設置することです。
(内容)例えば
1.福岡教育大学は地域社会の発展のために今後何をなすべきか。
2.教員養成大学としての役割は何か。現在の履修科目で良いのか,追加すべき科目として,どんな科目があるか。
 本学には教育に関する「将来検討委員会」に相当するものとして教育向上推進室を設置しております。この室で,平成22年度に,優れた教育者の育成という本学の目標を実現するため,学部段階で養成すべき資質・能力の大本となる学士力について確立させました。それを基に,教育課程編成の方針を定め,これらに対応する取組として平成25年度実施に向けて履修科目の体系化と精選を含むカリキュラム改訂,及びそのもとで育成する具体的な資質・能力についても明確化する作業にただいま着手しております。
平成23年 6月27日  福間研修センターがなくなるという話を耳にしました。私たち書道科は、学内や学外において作品展を開催しています。その度福間研修センターで、書道科で制作活動を行い、お互いを高めあっています。福間研修センターは広く、多くの学生が一同に制作活動を行うことができる環境です。福間研修センター自体は老朽化も進んでいますが、書道科の中は、福間研修センターを取り壊しではなく建て直してほしいという話がでています。研修センターの環境は静かで海も近く、自然が豊かで制作活動を行うにはとても良い場所です。研修センターの取り壊しではなく、もう一度建て直しを検討してもらえないでしょうか。よろしくお願いします。  福間研修センターの存続・改修については利用学生への調査結果と希望を反映する形で,一部ではありますがトイレの改修を行い,利用者の便宜を図ることとしましたが,建物の建て直しは,利用料金の大幅な上昇に伴い利用状況の低下が懸念されることから,また大学独自で建物新営にふみ切るには財務状況が厳しいことから,断念せざるを得ないと判断します。しかし,夏休み期間の利用等のために,ぜひ必要という要望があれば,別途に施設を借り上げるなどの方式を検討したいと思います。
平成23年 6月27日 【学内における評価制度について】
保護者,児童,生徒からの信頼を得るための第一の要件は,教師の資質です。現在,学校現場においては,人事評価(自己評価や業績評価)が取り入れられ,実施されています。同様に大学においても評価システムがあると思いますが,特に私大などでは,査定の他に学生の評価が導入されています。もし本学でも実施されていないようでしたら,導入を検討されたらいかがでしょうか。講義等の資的改善に役立つものと思います。
 大学では学生・院生による授業評価を実施し,教員評価の「教育」の評価項目にその結果を活用しているところですが,ご指摘のように講義等のさらなる質的改善につながる方策を工夫して実行してまいりたいと思います。
平成23年 6月27日 【教育現場との距離の近い大学の創造を】
附属学校の研究発表会には,助言者として大学の先生方の名前が並んでいますが,日常的に附属学校をはじめ,県内の学校にどの程度足を運んでおられるのでしょうか。教科の本質と現場の課題に照らしての助言を期待しています。
 附属学校の研究発表会では,小学校や中学校などの教育現場に精通した教員を助言者として参加させておりますが,教科の本質と現場の課題についてさらに充分に理解を深め,適切な助言ができるようにしたいと考えておりますので,引き続き,ご指導ご鞭撻をお願いいたします。
平成23年 4月 1日  このたびの東日本大震災は,日本国民とくに被害のない西日本が率先して支援する必要があると思います。
神戸女学院大学の内田教授は,大学でも被災者・疎開者を受け入れるべきと提言されています。
福岡教育大学でも,教室や体育館の開放などの検討をお願いいたします。
 このたびの東日本大震災により被災された皆様に,心よりお見舞いを申し上げます。
福岡教育大学では,今回の震災に際して,これまで,何をすべきか,何ができるかを考えて参りました。
その結果,本学学生や入学生への支援はもちろんですが,本学に関係の無い被災地域の大学の学生・大学院生・研究者に対しての支援も必要だとの判断から,現在,本学が取り得る各種の支援策をホームページに掲載しております。
東日本大震災への対応
ご提案のありました教室や体育館の開放などは,現時点で被災された方からのご要望等が無いために,具体的な検討は行っておりませんが,被災学生の本学転入希望や本学職員宿舎への入居については,ご相談があれば応じることとしております。
今後も,本学として対応可能な支援は,積極的に取り入れて参りたいと考えております。
平成22年 3月30日 【国歌斉唱の儀式的行事等への導入】
貴学では、入学式・卒業式で国歌を歌うことはないとのことです。
教員養成を目指す九州唯一の大学とのキャッチフレーズですが、教育の基本は日本国民の育成であり、学習指導要領等にも国歌斉唱(教えること)は位置づけられています。
将来、大半の学生は教職につくことを考えれば儀式的行事にないのは不思議なことです。
国歌斉唱を儀式的行事等には取り入れていただきますようお願いいたします。教育の原点が国であることの見方をおつくりいただきますよう努力願います。
本学が教員養成と教育者の育成ならびに教員の継続教育を行う九州唯一の国立の教育大学であるという社会に対する姿勢を明確にするため、3月25日に挙行しました平成21年度卒業式・修了式から「国歌演奏」を実施することを教育研究評議会及び役員会に諮り了承を得て、大学運営の改善に反映させたところです。
なお、ご提案は国歌斉唱ということでしたが、学内外の各種の意見を踏まえ、国歌演奏といたしました。
Copyright © Fukuoka University of Education. All Rights Reserved.
国立大学法人 福岡教育大学
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1 電話:0940-35-1200 (代表) 交通アクセスお問い合わせ