このページの本文へ移動
学部・大学院・附属施設等
(ホームから現在地までの階層リスト)
ホーム
学部・大学院・附属施設等
教育学部
中等教育教員養成課程
家庭専攻

家庭専攻

家庭専攻授業風景

生徒の生きる力を育てる家庭科教師育成をめざして。

本専攻は、中学校・高等学校で家庭科を担当する教師を養成しています。教員免許取得に必要な家庭科に関する科目について、専任教員が充実しています。このような全国有数のスタッフの充実度をもって、次のような特色ある授業を含むカリキュラムを編成しています。

  • 「住居学」…家族や地域の人との関係、社会や歴史・文化とのつながり、環境や景観への配慮など、「住む」ことをさまざまな関わりからとらえ、住まいと暮らしの関係について学びます。また、実験、見学、設計製図等の実習を通じて、より豊かな住まいと住環境、住生活を創造し実現できる力を身につけることをめざします。
  • 「家庭工学」…家庭用機器の原理・機能・安全な使い方を学び、家庭用機器を適切に取り扱うことができるようにします。また、科学技術の進展による家庭生活の変化を理解し、科学技術の生活への適切な活用について、環境への配慮の視点をもって考えていきます。
  • 「被服科学実験」…身近な油脂で石けんを作り、性状や洗浄力を比較し、ひとと被服と環境にやさしい洗濯を検討します。合成染料に加え、キャンパス内で染料となる植物を探し染色を試みます。

専攻の特色

現代の子どもたちは、生活の自立のための知識・技能を習得する機会が少なくなっています。このような子どもたちに、知識・技能だけではなく、確かな生活価値観、判断力をもたせ、責任能力のある生活者・家庭人に育てるのが、家庭科教師の責務といえます。豊かで便利な社会となった現代では、家庭科教師がはたす役割はますます重要になっています。このため本専攻では中学・高等学校の家庭科教師をめざす学生に、家庭科の各領域の知識・技能に習熟するだけではなく、自ら生活課題を見い出し解決しようとする態度、深い思慮と広い視野から物事の本質を見抜く力を養ってもらいたいと考えています。卒業生は、各地の学校で活躍しています。

カリキュラムの特色

本専攻では、広範で多様な課題についての認識を深めてもらうため、講義、実習、実験、演習などの授業形態による、充実した専門科目を開講しています。専門科目の履修は1年次から始まります。最初に、基礎的・基本的な内容を学んだ後に、2・3年次では実習、実験を含めたさらに深い内容を習得できるように編成されています。また、3・4年次では、多数の選択科目を受講できます。これらの科目を積極的に受講して、個性豊かな教師になっていただきたいものです。また、家庭科教育法では、中学・高等学校での授業内容、教材・教具の開発、指導方法について理論的・実践的に学べるようになっています。

主な授業科目

  • 家庭経営学
  • 被服材料・衛生学
  • 被服管理学
  • 栄養学
  • 調理学
  • 住居学
  • 家庭工学
  • 保育学
  • 家庭科教育研究A・B
  • 中等家庭科教材開発A・B

取得できる教員免許・資格

  • 中学校教諭一種免許状(家庭)
  • 高等学校教諭一種免許状(家庭)
    ◇また、指定された単位の取得により、下記の資格を得るための条件を満たすことができます。
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事補

卒業後の進路

中学校・高等学校の教師のほか、家庭科の専門能力を活かして生活改良普及員(公務員)になった人もいます。また、家庭専攻で取得した単位を基礎に勉強すれば、卒業後、インテリア・コーディネーター、消費生活アドバイザー、保育士などの資格を取ることもできます。

教員からのメッセージ

家庭工学 阿曽沼 樹准教授

阿曽沼 樹准教授

「家庭科の先生になりたい!」みんなの夢を全力でサポートします。

本専攻は、主に高校、中学校の家庭科教員をめざす人のための課程です。私は家庭工学を専門とし、家庭用機器の適切な取り扱いや情報リテラシーなどを担当しています。
家政教育講座では、生活課題を見出し解決しようとする態度、広い視野から本質を見抜く力を備えた教師育成を目指して、教員全員が連携し、学生のみなさんをサポートしていきます。「家庭科が好き」というみなさん、「先生になりたい」という目標に向かって、私たちと一緒にチャレンジしてみませんか?

Copyright © Fukuoka University of Education. All Rights Reserved.
国立大学法人 福岡教育大学
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1 電話:0940-35-1200 (代表) 交通アクセスお問い合わせ