このページの本文へ移動
受験生の方へ
(ホームから現在地までの階層リスト)
ホーム
受験生の方へ
奨学金について知りたい
奨学金制度

奨学金制度

 本学で取り扱っている奨学金には、日本学生支援機構(旧日本育英会)奨学金のほか地方公共団体及び民間育英団体の奨学金があります。これらは、いずれも学業、人物とも優秀でかつ、健康であって、学資の支弁が困難と認められる者に貸与または給付されるものです。
 大学からの奨学金の募集や諸手続に関する連絡は、原則、掲示板を通じて行いますので、奨学金の貸与を希望する学生や、現在、奨学金の貸与を受けている学生は、掲示板を必ず確認するようにしてください。

日本学生支援機構奨学金

種類及び貸与月額等について

日本学生支援機構の概要
種類貸与額(円)募集時期
第一種
(無利子)
学部生・専攻科生

自 宅 45,000又は 30,000
自宅外 51,000又は 30,000

原則 年1回

4月上旬
(掲示にて募集)
大学院 50,000 又は 88,000(自由選択)
第二種
(有利子)
学部生・専攻科生 30,000・50,000
80,000・100,000
120,000(自由選択)
大学院 50,000・80,000
100,000・130,000
150,000(自由選択)

採用方法及び申込みについて

 奨学生の採用方法には「予約採用」「在学採用」「緊急採用・応急採用」があります。
※奨学金を申し込む際は、学生支援課にて配布する申請書類や「奨学金の申込みにあたって(留意点)」をよくご確認の上、申請してください。

 申請様式は、学生支援課にて配布します。また、窓口でのみ配布される「確認書兼個人情報の取り扱いに関する同意書」及び「スカラネット下書き用紙」を除き、以下の「奨学金申請様式ダウンロード」からもダウンロードすることが可能です(ただし、大学院の予約採用を除き、提出は窓口に持参により行ってください。郵送等での受付はできません。)

奨学金申請様式ダウンロードはこちら

予約採用(入学前の申込)

 入学前に奨学金を予約する制度です。大学に進学予定の方は、在学している高校等で申請を行い、大学院に進学予定の方は、入学予定の大学院で申請を行ってください。予約採用が決定された方は、入学後、直ちに「奨学生採用候補者決定通知書」を進学先の学校へ提出の上、インターネットから「進学届」を提出してください。進学届が未提出の場合、予約奨学生としての資格を失いますので、ご注意ください。

在学採用(入学後の申込)

 毎年4月に掲示にて募集を行います。予約採用で不採用になった方も、再度申込みできます。

日本学生支援機構奨学金の貸与までの流れ

日本学生支援機構奨学金の貸与までの流れの図

緊急採用・応急採用(随時)

 家計の急変(主たる家計支持者が失職・病気・事故・会社倒産・死別又は離別・災害等)で奨学金を緊急に必要とする場合に、緊急採用(第一種)または応急採用(第二種)貸与を受けることができます。詳細については、学生支援課にご相談ください。

各種異動届手続きについて

 奨学生が、休学・復学・留学・退学・転学・辞退等により異動が生じた場合は、直ちに所定の様式により学生支援課に届け出なければなりません。

◆休学・復学・留学・退学をする場合、奨学金を辞退したい場合・・・異動願(届)
◆氏名に変更があった場合・・・改氏名届
◆奨学金振込口座を変更する場合・・・奨学金振込口座変更届

 上記以外の様式(奨学金の貸与月額の変更等)については、学生支援課にて配布しています。

奨学金継続手続について

 奨学生は、当該年度3月満期者(卒業予定者)を除き、一年に一度(実施時期:12月中旬~1月初旬予定)、インターネットを通じて奨学金の継続願を提出しなければなりません。平成26年度以降の継続手続は「スカラネット・パーソナル」を利用して行いますので、スカラネット・パーソナルへの登録をお願いします。なお、継続手続の際に次年度からの奨学金の辞退を選択することも可能です。

奨学金の返還について

返還義務について

 日本学生支援機構の奨学金は、貸与終了後、返還する義務があります。また、先輩からの返還金を直ちに後輩の奨学金として貸与する仕組みとなっていますので、後輩奨学生のためにも、必ず返還してください。

リレー口座への加入について

 奨学金の返還に使用する口座を「リレー口座」と言います。辞退や満期等により奨学金の貸与が終了すると、必ず全員、リレー口座へ加入しなければなりません。貸与終了後、学生支援課で加入申込書を受け取り、手続きを行ってください。

在学猶予について

 満期や辞退等により貸与が終了した奨学金について、在学中の返還猶予を受けたい場合は「在学届」を学生支援課に提出してください。なお、在学届は年度更新ですので、年度を超えて引き続き在学する場合は、再度提出が必要となります。
 また、在学期間中の繰上返還を希望される場合も、在学届の提出が必要となります。在学届が未提出のまま第二種奨学金の繰上返還の申込をした場合には利息が発生しますので、ご留意ください。

返還期限の猶予・減額返還について

 在学中、または災害、傷病、経済困難、失業などの返還困難な事情が生じた場合は、返還期限の猶予または割賦金額の減額を願い出ることができます。そのような状態になった場合は、延滞する前に速やかに手続きを行ってください。

特に優れた業績による返還免除制度について

 大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生で、当該年度中に貸与終了する者を対象に、大学院在学中に特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構が認定した場合に、貸与期間終了時に奨学金の全部または一部の返還が免除される制度です。募集については、例年、12月頃掲示にてお知らせします。

その他の奨学金

地方公共団体等奨学金の例(掲示により通知します)
名称奨学金月額(円)応募資格返還の義務募集時期 
 長崎県育英会 41,000 長崎県内に住所を有する者の子女 4月上旬 
 宮崎県育英資金 50,000 主たる家計支持者が宮崎県内に居住する者 4月上旬 
 山口県ひとづくり財団 43,000 山口県内に生活の本拠を有する者の子女 4月中旬 
 あしなが育英会 学部40,000~50,000
大学院80,000
保護者等が病気又は災害・不慮の事故で死亡したり重度の後遺症で働けない者 4月中旬 
 交通遺児育英会 学部40,000~60,000
大学院50,000~100,000
保護者等が交通事故で死亡したり重度の後遺症で働けない者 4月上旬
 金澤記念育英財団 学部30,000
大学院70,000
福岡県内に生活の本拠を有する者の子弟 4月上旬 
 二又教育文化振興奨学会 25,000 福岡県内に居住する者(家計支持者を含む) 4月下旬 
 吉本章治奨学会 30,000 福岡県内に居住する者 4月上旬 
北九州市奨学資金 45,000 保護者又は申請者が北九州市内に6か月以上居住する者

11月中旬

未来奨学金

 未来奨学金は、本学学生の学業及び海外留学を奨励し、本学の理念である有為な教育者の養成及び教育・学術交流を通して国際化を図ることを目的とした大学独自の奨学金制度で、「学業成績優秀者奨学金」と「国際交流協定校派遣支援奨学金」があります。詳細については、各担当窓口にお問合せください。

学業成績優秀者奨学金(返還不要) 担当:学生支援課

 教育学部3年次に在籍する学生で、学業において優秀な成績を修めた者に対して支給する奨学金です。1人あたり10万円とし,一括して支給します。募集については、例年、5月頃に掲示にてお知らせします。

国際交流協定校派遣支援奨学金(返還不要) 担当:連携推進課

 海外留学支援を目的とした奨学金です。詳しくは、海外留学奨学金のページをご覧ください。

アクロバットリーダーバナー

PDFファイルをご覧いただくには Adobe Reader が必要です。
バナーをクリックしてAdobe Reader をダウンロードしてください。

お問い合わせ先

学生支援課

電話 : 0940-35-1239

Copyright © Fukuoka University of Education. All Rights Reserved.
国立大学法人 福岡教育大学
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1 電話:0940-35-1200 (代表) 交通アクセスお問い合わせ