このページの本文へ移動
学部・大学院・附属施設等
(ホームから現在地までの階層リスト)
ホーム
学部・大学院・附属施設等
教育学部
初等教育教員養成課程
家庭選修

家庭選修

家庭選修授業風景

家庭科を得意とし、子どもの生活を支える教師を育成

  • 自分たちの生活を見つめ、見直し、よりよく生きるための力を育む家庭科
    家庭科は、子どもが自分たちの衣食住や消費行動、自分と家族や地域の人々との関わり、環境との関わりなどを見つめ、生活課題の解決をめざして生活スキルや社会的スキルを実践的・体験的に学ぶ教科です。
  • 九州地区最大規模の教授陣
    家庭科に関わる家政教育講座の教員数は、九州最大規模を誇ります。衣食住、家族、家庭工学、家庭科教育の各領域にスタッフがそろっており、専門的、総合的に学ぶことができます。よりよい生活とは何かを考え、生活を楽しもうとする人を求めます。
  • 地域、社会と連携した主体的、実践的な学び
    生活経験の異なる多様な児童と向き合う小学校教員には、人と関わる力や、社会や家庭のニーズを理解して問題に取り組む力が求められます。大学での授業はもちろん、家政教育講座の教員が行う地域での食育活動や、消費生活センターや子育て支援センターとの連携、学校への教材紹介など、様々な機会を活用して主体的に学ぶ意欲のある人を歓迎します。

選修の特色

家庭科が対象とする生活事象は、時代や文化によってダイナミックに変化します。食べるものや着るものがどのような工程で作られるのかが見えにくくなり、家事労働の省力化は子どもが手や体を動かして仕事をする生活体験の機会を減らしています。子どもの五感を働かせ、目的を達成する喜びをもたせる豊かな授業のできる力量をもった教師が望まれます。家庭選修では、家庭科の専門知識と技能、家庭科教育の実践力を磨くことをとおして、広い視野と思考力、コミュニケーション能力を身につけ、家庭科教育の指導的役割を担いながら、初等教育全般にわたって、子どもの人間形成と生活スキル向上を支援する教師の育成をめざします。

カリキュラムの特色

実践力を身につけるため、講義だけでなく実験や実習、演習を組み合わせ、総合的に理解できるように配慮しています。また、子どもたちの発達段階を考慮した授業内容、教材・教具の開発、指導法について学べるようになっています。1年次から、専門科目として「くらしの創作技法」などが開設されており、教職専門科目等と並行して家庭科の専門を学びます。1、2年次において選修専門科目の「被服学」「実践食生活」「住居学」「保育学」「家庭経営学」「家庭工学」等で基礎的・基本的な教科の内容を履修します。3、4年次では、「被服科学実験」「調理実習」「保育環境論」「初等家庭科教材開発」など発展、応用的な科目を履修します。

主な授業科目

  • くらしの創作技法
  • 家庭経営学
  • 被服学(被服製作実習を含む)
  • 実践食生活(調理実習を含む)
  • 住居学(製図を含む)
  • 保育学(実習を含む)
  • 家庭工学
  • 家庭科教育研究

取得できる教員免許・資格

  • 小学校教諭一種免許状
    ◇必要単位を取得すれば
  • 中学校教諭一種免許状(家庭)
  • 高等学校教諭一種免許状(家庭)
  • 幼稚園教諭一種免許状
    ◇また、指定された単位の取得により、下記の資格を得るための条件を満たすことができます。
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事補

卒業後の進路

  • 小学校教員
  • 中学校教員
  • 高等学校教員
  • 幼稚園教員
  • 公務員(家庭科の専門性を生かした生活改良普及員など)
  • 大学院進学 など

教員からのメッセージ

家庭科教育学 貴志 倫子准教授

貴志 倫子准教授

子どもたちに生活を工夫することの楽しさを!

  本選修は、家庭科の指導が得意な小学校教員をめざす人のための課程です。家庭経営学、食物学、被服学、住居学、家庭工学など各専門領域に専任教員がそろっています。私は家庭科教育学を専門とし、家庭科を楽しく生活に生かす学習にするための理論や指導法に関する授業を担当しています。
  学生のみなさんには、身近な家庭生活に関わる事象を実践的、専門的に学び、豊かな生活を実現しようとする子どもを育てる、そんな教師になって欲しいと思います。

Copyright © Fukuoka University of Education. All Rights Reserved.
国立大学法人 福岡教育大学
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1 電話:0940-35-1200 (代表) 交通アクセスお問い合わせ