このページの本文へ移動
学部・大学院・附属施設等
(ホームから現在地までの階層リスト)
ホーム
学部・大学院・附属施設等
教育学部
初等教育教員養成課程
保健体育選修

保健体育選修

保健体育選修授業風景

子どもたちの心身の健康や運動欲求に応えられる実践力を磨く。

この選修では、小学校教員としての知識・技能と共に、保健体育の高度な実技能力及び優れた専門的指導力の育成を目指しています。そのために、4年間を通してそれらを支える忍耐力及び感性を育んでいきます。4年間で保健体育の専門的知識・技術と豊かな感性を磨き、児童の心身の健康に責任を持ち、運動・スポーツの楽しさを伝えながら、児童の感性を高めることのできる指導力を備えた小学校教員(学校体育)の養成を計画的に行います。したがって、好きな運動を通し、子ども達と遊びや対話を行いながら学び成長する姿勢を持ち、さらに保健体育科目に関わる知識や実技能力を向上させようとする意欲を持っている受験生を歓迎します。卒業後、小学校教師として赴任し子どもたちの心身の健康や運動欲求に応えられるよう、4年間でこれらの実践力を磨いていくのです。運動やスポーツに興味を持ちつつ子どもたちを優しく見守り、彼らを逞しく育てていこうとする熱意のある受験生を求めています。

選修の特色

この選修では、保健体育選修分野に関する専門的知識・技術を中心として、あらゆる教科の指導について学ぶとともに、子どもの心身の発達を総合的にとらえ、教科専門を越えた人間教育、小学校での教育のあり方を探究します。保健体育選修の学生においては、小学校全教科における実践及び理論への理解と共に、自己の専門とする運動種目の課外クラブ活動が、各自の実技能力を自主的に高めることに役立っています。小学校の体育授業時や健康指導を専門的に指導・助言できるよう、教科専門関連科目(必修科目及び選択科目)の内容を精選しています。

カリキュラムの特色

基礎・基本的内容を含む科目については必修とし、小学校(保健体育選修)教師として必要な基礎・基本の知識及び技術の習得を目指します。また、各自の興味関心や学ぶ目的に応じて履修できるようにすると共に、履修にあたっては小学校全教科の内容や指導法に関する理論と実践力を身につけると共に、小学校において体育を専門的に指導できる能力を高め、それらを通し自主的に授業研究が遂行できる小学校教員の養成を目指しています。そのために、特に体育学関連科目、運動学関連科目、健康教育学関連科目、体育実技関連科目において、選択科目を多く開講し、専門性を高める教育を行っています。

主な授業科目

[体育学関連科目]

  • 体育原論講議
  • 学校体育史講議
  • 体育心理学講議
  • 体育経営学講議
  • 体育社会学講議

[運動学関連科目]

  • 運動学講議
  • 運動方法論講議

[健康教育学関連科目]

  • 生理学・解剖学(運動生理学を含む)
  • 衛生学(公衆衛生学を含む)
  • 学校保健

[体育実技関連科目]

  • 陸上競技Ⅰ
  • 水泳Ⅰ
  • 器械体操
  • 体つくり運動
  • サッカー
  • バレーボール
  • バスケットボールⅠ
  • ハンドボール
  • ダンスⅠ 他

[小学校教科の科目として]

  • 運動と健康・安全教育
  • 小学校保健

取得できる教員免許・資格

  • 小学校教諭一種免許状
    ◇必要単位を取得すれば
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • 幼稚園教諭一種免許状
    ◇また、指定された単位の取得により、下記の資格を得るための条件を満たすことができます。
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事補

卒業後の進路

  • 小学校教員
  • 大学院進学 など

教員からのメッセージ

運動学(柔道) 楢﨑 教子准教授

楢﨑 教子講師

保健体育の理論と実技を通じて優秀な小学校教師を目指します。

子どもたちの健康や安全について小学校教師は常に注意をしていなければなりません。この選修で学んだ学生たちは、特に、運動の実践や健康・安全のコーディネートができるようになります。1年次から4年次までに、子どもたちの心身の状況や発育発達をふまえて、適切な指導のできるように技能や知識を身につけます。私の1年次の授業「運動と健康・安全教育」では、そのことを取り上げています。

Copyright © Fukuoka University of Education. All Rights Reserved.
国立大学法人 福岡教育大学
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1 電話:0940-35-1200 (代表) 交通アクセスお問い合わせ