このページの本文へ移動
大学案内
(ホームから現在地までの階層リスト)
ホーム
大学案内
学長室
学長メッセージ
平成26年度入学式 式辞 (平成26年4月4日)

平成26年度入学式 式辞 (平成26年4月4日)

学長式辞の様子

 福岡教育大学の教職員を代表して、新入生のみなさんの入学を心より歓迎いたします。また、ご家族の皆様には、めでたく今日の日を迎えられましたことに、お慶びを申し上げます。そして、本日ご臨席を賜りました来賓の皆様にも、厚く御礼を申し上げます。

 本学の起源は、今から百年以上前の明治6年に開設された「学科取調所」にあります。そして3年後の明治9年に、「福岡師範学校」と改組されました。
その後、昭和24年5月31日に公布された国立学校設置法に基づき、福岡県内に展開していた師範学校を包括して、戦後の新制大学「福岡学芸大学」として発足しました。これにより、本学の開学記念日は、翌日の6月1日と定められました。

 昭和41年4月1日には、国立学校設置法の一部改正により大学名称を「福岡教育大学」と改め、同年11月1日には各地区に分散していたキャンパスを、この宗像・赤間の地に統合移転しました。そして平成16年4月1日からは、国立大学の法人化により、大学名称を「国立大学法人福岡教育大学」と改めて、今日に至っています。

 このように、本学は九州地区で唯一の国立の教員養成大学として、学則に示すとおり、有為な教育者の養成に一貫して取り組んできました。入学したみなさんには、先ずは、このような歴史を知っていただきたいと思います。

 次に、本学の現状についてご紹介します。本学は国立大学法人となって10年が経過し、再び大きな改革の岐路に立っております。その発端は、文部科学省が平成24年6月に発表した「大学改革実行プラン」にあります。
 そこでは、我が国が直面している課題として、「急激な少子高齢化の進行、地域コミュニティの衰退、グローバル化によるボーダレス化、新興国の台頭による競争激化など社会の急激な変化や、東日本大震災といった国難」を挙げ、「今こそ、持続的に発展し活力ある社会を目指した変革を成し遂げなければならない」と述べています。

 そうした諸課題を解決するために、大学の機能の再構築とガバナンスの充実・強化に関する改革が求められるようになりました。即ち、大学が自主的・自律的に改革を進め、その機能を再構築することにより、「生涯学び続け主体的に考える力をもつ人材の育成、グローバルに活躍する人材の育成、我が国や地球規模の課題を解決する大学・研究拠点の形成、地域課題の解決の中核となる大学の形成など、社会を変革するエンジンとしての大学の役割が国民に実感できる」ようにすることが求められているのです。

 このような要請の下に、本学は、文部科学省とミッションの再定義、即ち、国立大学として果たすべき使命を再定義する協議を行ってきました。
 その結果、本学は、義務教育諸学校に関する教員養成機能における広域の拠点的役割を目指すことを基本的な目標とし、実践型教員養成機能への質的転換を図ることになりました。

 このことは、端的に申し上げて、教員養成機能を一層充実・強化するということです。また、福岡県内だけに留まらず、九州や日本全体を視野に入れて、教職大学院と従来からある修士課程の両方を生かしながら、教員及び教育者としての資質能力の高度化を行う広域の拠点大学になるということです。

 そのために、本学では、平成28年度以降、学部と大学院の卒業・修了者において教員就職率85%、教職大学院修了者においては100%を確保する目標を掲げました。教育学部の教員就職率85%という数字は高い目標値です。現状は、67.4%であることからすれば20ポイント近く上昇させなければなりません。しかし、それを目指そうというのが、只今、本学が進めている改革なのです。

 これまで行った調査によれば、本学教育学部の新入生の8割のみなさんが、将来教職に就きたいという希望をもっておられます。このようなみなさんの希望や志を徹底して励まし、かつ、支援するために大学教育の質を革新してレベルアップすること、即ち、今日的な用語で言えば教育のイノベーションを創出していくことが、私は、本学の改革の中心に置かれなければならないと考えています。

 ついては、今後2年間、大学として、徹底的・集中的に改革を進めますので、どうかそれに付いてきてください。みなさんには、改めて自らの希望や志を明確にし、本学において全力で学ぶ決意と覚悟をもっていただきたいと思います。

 本学では入学したみなさんのよりよい修学のために、これまでにも様々な改革を行ってきました。
 例を挙げれば、教育学部並びに大学院教育学研究科の「学位授与の方針」の策定や、それらを具体化して示した学校教育3課程と生涯教育3課程のそれぞれに「スタンダード(達成目標)」を策定したことが挙げられます。
 それらは、豊かな教養・高い専門性・確かな実践力・責任を担う社会性・将来にわたる自己実現力という5つの指標から成るもので、本学教育で身に付く「学士力」や「修士力」の中身であり、本学のカリキュラム編成の基本であり、福教大生のよさを言い表した「福教大ブランド」の基礎となるものです。ついては、みなさんの学修をよりよいものにするために、一度は必ずご覧ください。

 また、みなさんの日夜にわたる努力に対する表彰制度も大きく充実させてきました。スポーツ競技や芸術活動、優れた研究発表についての表彰に加えて、優秀教育実習生の表彰、1、2年次の学業成績優秀者への奨学金給付、海外協定校への留学希望者に対する財政支援、そして卒業・修了時に行う学業成績優秀者表彰などの新たな表彰制度を設けました。ついては、頑張って挑戦し、これらを獲得してください。

 これら以外にも、本学の教員とキャリア支援センターが連携して、みなさんの就職活動を強力に支援する仕組みも整えてきました。
 新聞社と提携した講座、教員採用試験のための特別講座、公務員や企業等への就職支援のための講座等があります。とりわけ2年生から始まる教員採用試験のための特別講座は延べ80回に及びます。これは、全国のどの大学にも負けない日本最強のものです。継続して受講した人は9割以上が教員採用試験に合格している実績があります。ついては、こうした講座も是非、進んで受講してください。

 さて、これから行う予定の改革では、先程も述べましたように、大学教育の質を上げることを中心に据えて、カリキュラムを再度改革する予定ですが、特にはグローバル化対応のために、初等教育教員養成課程の入学生全員を対象に、その英語力を高める取り組みを、今年度後期から始めたいと考えています。
 最初は余り難しく考えず、中・高等学校レベルの英語力を基に、物怖じしないで聴く・喋る・書く・読むことのできる英語力への転換を目指します。その後は関係の深い授業科目の受講や上級コースの受講を通して海外の協定校への留学を促し、学修を深めることができるようにしたいと考えています。

 こうした取り組みは、有為な教育者を養成するという本学の学則に沿うとともに、今後、我が国の小学校に導入される小学校英語に対応できる資質能力の基盤をつくるものです。本学で学べば、卒業して改めて英語学校に行かなくても良いのです。これは革新的な取り組みであり、本学で小学校教員を目指す人にとって大きな自信となるでしょう。みなさん、楽しみにしてください。

 その他、ボランティアやインターンシップの活動に進んで出かけられるように時間割を変えます。大学とは自分で考えて受講する科目を選ぶとともに、学内外の人々、先生や友人たちとの出会いやふれあいを通して、自らの人間性や学力を磨き、将来展望をひらくところです。
 他方で、教員として身に付けるべき内容については、それが確実に身に付くように授業科目の厳選を行います。これにより、ゆとりを生み、本学の専任教員がていねいに指導し、みなさんの資質能力を高める充実した教育体制にします。

 大学院では、教職大学院と修士課程のそれぞれの特色を、その目的やプロセス、学修成果において鮮明にし、「理論と実践の融合」、「理論と実践の往還」といわれることの中身を明確にしてまいります。特に、教職大学院では、学校現場での課題解決に資する研究となるように更に改善を加え、より多くの現職教員が学びたくなるようにし、入学定員の大幅な拡大を図りたいと考えています。

 以上、いろいろと申し述べましたが、それらはみなさんの意欲や願いに応えるものであったでしょうか。みなさんから共感や賛同の返事をいただけるならば、大変嬉しく思います。

 本学は、みなさんから、入学して良かったと言われる大学になるよう努力することをお約束します。ついては、みなさんも将来教員あるいは教育者を目指す者として、大いに学び、人との接し方において気持ちのよい立ち居振る舞いをするよう努めてください。また、サークル活動やボランティア活動などにも進んで取り組み、「さすがは福教大生」と周りの人々から言われるようになってください。そうした声が頻繁に聞かれることが、「福教大ブランド」の形成に繋がります。

 それでは、おわりに、みなさんの大学生活が充実することを心より祈念しまして、式辞といたします。

Copyright © Fukuoka University of Education. All Rights Reserved.
国立大学法人 福岡教育大学
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1 電話:0940-35-1200 (代表) 交通アクセスお問い合わせ