このページの本文へ移動
学部・大学院・附属施設等
(ホームから現在地までの階層リスト)
ホーム
学部・大学院・附属施設等
教育学部
初等教育教員養成課程
国語選修

国語選修

国語選修授業風景

ことばを通して児童を育てる。

 児童を理解し、よりよい授業を展開するために、ことばは重要な役割を果たします。児童のことばの力を育成する国語科には、小学校6年間を通して、最も多くの授業時数が充てられています。さらに、国語科だけではなく、他の教科やすべての学校教育活動において、ことばによるコミュニケーションは欠かせません。「日本語」や「読解力」のようなキーワードが社会的にも注目されている現在、ことばに関わる確かな知識と技能を身につけることは、教員としての力を高めることにもつながり、教育界から求められる人材のイメージのひとつでもあります。

 「先生に本を読んでもらった」「先生の赤ペンが楽しみだった」「『つつ口の青いけむり』を今でも覚えている」「時間の経つのを忘れて友だちと話し合った」「物語の続きをわくわくしながら想像した」…。国語を学習した記憶は、児童の心に強く、いつまでも残ります。ことばを学ぶおもしろさを、今度はあなたが、児童に伝えてください。

選修の特色

 国語選修としてのまとまりを大切にして、同学年や、上級生・下級生など学生相互のつながりはもちろん、教員と学生とがいつでも気軽に、丁寧な指導を受けられるような雰囲気をつくることを重視しています。1年次のフレッシュマンセミナーや2年次の基礎実習など、国語選修の学生全員で受講する授業では、目標達成のために協力する活動を通じて、一体感を形成します。新入生合宿研修や卒業論文合同発表会など、授業以外の行事でも、学生が自らの力で責任をもって企画、運営することを基本にしています。同じ国語を学ぶ仲間として、中等教育教員養成課程国語専攻の学生と共に活動する機会も多くあります。

カリキュラムの特色

 教員として求められる総合的な教養を土台に、国語科に関わる専門的な知見と実践的な技能を修得するカリキュラムによって、ことばを通して児童を理解し、国語科の授業を得意とする教員を養成します。「国語学」「国文学」「漢文学」のような、国語科の教育内容を構成する領域に関する確かな専門性を身につけるとともに、児童を理解し、授業を実践するための知識と技能を修得します。学生の主体的な問題意識と探究活動を重視し、討論や報告などの活動も積極的に取り入れています。卒業研究は、このような学びの結晶であり、問題発見や調査と考察、まとめやプレゼンテーションなど、社会で求められる様々なスキルを修得したことの証でもあります。

主な授業科目

  • 国語科教育研究
  • 国語科内容研究
  • 国語学概論
  • 国文学概論
  • 児童文学講読
  • 中国古典学概論 など

取得できる教員免許・資格

  • 小学校教諭一種免許状
    ◇必要単位を取得すれば
  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 幼稚園教諭一種免許状
    ◇また、指定された単位の取得により、下記の資格を得るための条件を満たすことができます。
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事補

卒業後の進路

  • 小学校・中学校教員
  • 学習塾などの教育関連企業
  • 出版社
  • テレビ局
  • 公務員
  • 一般企業
  • 大学院進学 など

教員からのメッセージ

国文学 沼尻 利通准教授

沼尻 利通准教授

国語の多彩で豊かな世界が学べます

 国語教育講座の大学教員は8名。それぞれ専門分野の知見をもとに、国語についてさまざまな角度からの勉強ができます。ある先生の講義では、係り結びの歴史的な変遷が語られ、ある講義では白居易の漢詩や江戸時代の実録物という文学ジャンルが深く掘り下げられます。そうした専門分野のみならず、国語をどのように教育するのか、どうすればわかりやすく国語を教えられるか、理論と実践を積むこともできます。学生同士のディスカッションを主体にした授業や、調べたことを発表する演習形式の授業も多く、国語の教員をめざし、みなで頑張って勉強しています。国語の奥深さ、素晴らしさを、みなさんも味わってみませんか。

Copyright © Fukuoka University of Education. All Rights Reserved.
国立大学法人 福岡教育大学
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1 電話:0940-35-1200 (代表) 交通アクセスお問い合わせ