このページの本文へ移動
大学案内
(ホームから現在地までの階層リスト)
ホーム
大学案内
学長室
学長メッセージ
仕事納め式 学長挨拶 (平成25年12月27日)

仕事納め式 学長挨拶 (平成25年12月27日)

仕事納め式 学長挨拶

 今年の仕事納めにあたり、ご挨拶を申し上げます。

今年は、昨年から進めてきた「三位一体改革」の定着と安定化を図るとともに、本学の将来を決めるミッションの再定義が行われた極めて重要な年でありました。

それは、国立大学が社会の変革のエンジンとなるよう各大学の特色や強み、社会的役割といった機能を、自主的・自律的に強化することを求めたものです。それに全力で取り組んだ結果、12月18日の公表に見るとおり、本学は、教員養成分野における九州の広域拠点大学という重要な位置付けを得ることができました。皆さんとご一緒に本学の存続を守ることができたことを、心から嬉しく思います。

また、今年夏に行われた昨年度の業務実績に関わる法人評価委員会のヒアリングで、本学として、かつて無い高い評価を得たことも嬉しいことでした。さらに、6月1日の開学記念日に初のホームカミングデーを企画・実行できたことや、今年のオープンキャンパスでは3000人を超える過去最高の来学者があったこと。そして宗像市の公立学校で試行的に行った「教育総合インターンシップ実習」や、釜山教育大学の附属小学校で実施した本学学生による初めての海外教育実習が、いずれも成功裡に終わったことも嬉しいことでした。

こうした今年の良い出来事を改めて振り返ってみると、喩えて言うのは恐縮ですが、“座礁しそうになった船を、そうはさせずに海に引き戻し、目指すべき目的地に向けて前進させる状態になった”という感慨があります。ミッションが明らかになった本学の発展は、現在及びこれからの努力いかんにかかっています。

加えて、年末には中央教育審議会大学分科会の組織運営部会から、『大学のガバナンス改革の推進について』と題した「審議まとめ」の素案が公表され、国民の期待に応える大学改革の必要性と重要性が、一段と明確にされました。ついては、こうした動向を正しく理解し、本学の更なる充実・発展の方途を鋭意追求していきたいと思います。

以上のことを踏まえ、今年、心を込めて精力的に仕事を推し進め、頑張っていただいた教職員の皆さんに心より感謝申し上げます。誠にご苦労さまでした。

どうぞ、良いお年をお迎えください。

 

                           学長 寺尾 愼一

Copyright © Fukuoka University of Education. All Rights Reserved.
国立大学法人 福岡教育大学
〒811-4192 福岡県宗像市赤間文教町1-1 電話:0940-35-1200 (代表) 交通アクセスお問い合わせ